上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
久しぶりのタルバガンのコンサートで京都へ。
いや~、暑さがぶり返して暑いのなんのって。京都の暑さは空気の動きがないというのか、大阪とはまた違いますね。
会場は京都府庁旧本館。この辺りは行ったことないなぁと思ってたのですが、京都第二赤十字病院の前の手すり(ガードレールというべきか?)を見て、「おお! ここ来たことあるやん!」と思い出したのでした。以前、友人のお見舞いに来たことあったんですね。(それぐらい覚えとけって)

タルバガンはモンゴル音楽家の嵯峨さんとトゥバ音楽家の等々力さんのユニットです。喉歌や馬頭琴、ドシプルールなどによる楽曲が素敵です。

バナナホール以来の久しぶりのお二人のコンサートでしたが、やはり民族楽器と喉歌の魅力満載ですね。
特にナーダムの曲は迫力満載。二胡のナーダムの曲というとあのノリノリの「賽馬」ですが、それよりもさらに『馬走ってます!』『競馬!』って感じなのです。
あと面白かったのが「イエローサブマリン音頭」(このタイトルで合ってるのか?)
大滝詠一さんがビートルスのイエローサブマリンを音頭にして、それをさらにタルバガン風にした(?)曲だそうです。こんなんありだ!(笑)と受けてました。



ところでモンゴル風な音楽は中国楽器をやっていると縁がありますが、トゥバはあまりありません。
トゥバの喉歌もホーミーとは少し違うし(と私が感じているだけです。どう違うのか誰か解説してほしい・・・)、音楽も違います。

で、気になるのが言語です。言語と音楽は密接な関係があると思いますので(言語の響きが各民族の音楽性に関係があるように思える。初めに楽器ありきではなく、歌ありき、だろうし)、この音楽をもつ民族の言語はどんなのだろう?かと。

アルタイ語族のテュルク語派だったら膠着語になるの?
(トルコ語が確か膠着語)

どんな響き? 日本人が聞いたらどんな風に聞こえるのだろうか?

・・・などなど、妄想?がいっぱいです。
(↑・・・ええと、実はこういう方面でオタクです)

そのうち調べてみようかな。

なんかやりたいことはいっぱいですなー(笑)。
スポンサーサイト
2011.09.11 / Top↑
昨日は本町の相愛学園のホールで行われた、台湾・新竹市の新竹青年国楽団の演奏会に行ってきました。
相愛に行くのはかなり久しぶりでした。中学のときは高校受験用の某模試の会場だったので時々行ってたのですね。
(確か制服着て行ってた様な記憶が。いったい何年前やねん!)

自分がやっている楽器以外の感想は他の人にお任せして(をい)、笛がとっても良かったです!(キッパリ!)
吹く人なら分かると思いますが、大きい音はそこそこ楽ですが、小さい音をちゃんと吹くのは難しいのです。
でも昨日の笛のお二人はとてもきれいな音色で、緩急、大小自由自在って感じでした。
曲もイナゴ(?)と鶏の掛け合い?でコミカルで楽しいし、聴いた後は「が、楽譜が見たい~!」と思ってました(吹けるかどうかはまた別のハナシ)。

良宵もオケでやると豪華の極みでかなりの迫力でしたし、ジャズ風になってる曲(あれ? タイトルが)も素敵~!でした。
オケの迫力と一体感はすごいですね。

曲目
River Dance(相愛学園・吹奏楽部)

客家歌謡聯奏
鵝鑾鼻之春
北方民族生活素描 漁歌
         冬猟
湘西風情

草螟弄鷄公
良宵
農村曲
望春風



1曲目は相愛学園・吹奏楽部のリバーダンスだったのですが、これも迫力満点。
思わず舞台を見に行ったときのことを思い出して「アイリッシュもやっぱええよな~」と悦に入ってました。
こういうのも笛子で出来んかなぁ・・・。
2011.08.22 / Top↑
中国音楽は南ダイスキーな私ですが、中国楽器の経験年数が同じぐらいの人に「南が好きやねん!」とか「北、なんたって北よ!」とか「新疆のがスキー!」いうような人がどうも少ない。
もちろんJ-POPとかクラシックも悪くないし、中国楽器でそういうジャンルを演奏するのも新たな魅力を付加することになり、良いことだと思います。

が、私としては
「南、一緒にやる人おらへんの~~!?」
な気分なんです。
(Tパパは例外。珍しいのですあせあせ

現在、南にどっぷりな方々は私たちのお師匠様クラス。ベテランなんですねぇ。
恐れ多いというか何と言うか。
眩しい方々なんであります(憧れだー!)。


ホント、同じぐらいで方向性が似てる人って居ないのかなぁ。
(マニアック過ぎ???)
2011.05.24 / Top↑
皆さまお疲れ様でした。
良い演奏をありがとうございました。皆さんの「中国楽器&音楽が好き!」なのがものすごく伝わって来ました。
ありがとうございました。

しかし、会う人会う人「出ないの!?」と言って下さいますが・・・。
出ないんです。見るんです、聴くんです(笑)。
ふふふ、楽ちんでした(をい)。

師匠や大先輩方、同門の晴れ姿、音楽を堪能出来て素敵な時間でした。

それにしても後半!
いやぁ、異様に「濃い」ですね!
あまりの濃さにうっとりいたしました(爆)

さあ、私も頑張らねばわーい(嬉しい顔)
(と言いつつ、レッスン直前なのに練習不足げっそり
2011.04.09 / Top↑
笛子の練習中、どうにも上手くいかないので飽きてきて(をいをいあせあせ(飛び散る汗))、この前買ったフルスを引っ張りだしてきました。

とりあえず教本開いて運指を確認。

あ~なるほど、全部閉じて筒音5で・・・

・・・筒音1が載ってるあせあせ(飛び散る汗)

今の私には筒音1は鬼門です、ええ。

フルスよ、お前もか!
筒音1があるなんてぇぇ泣き顔


**********************


しかし運指がこれで合ってるのか?
教本見たのですがいまいち自信なしでず。
「良い子のフルス教室」希望です~exclamation ×2
2009.11.25 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。