上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
朝起きてからずーーっと胃がジクジクと痛い。すご~く痛かったら即医者行きなんだけど(それはそれでイヤだけど^^;)。すっきりしない・・・。
スポンサーサイト
2004.05.31 / Top↑
朝から筋肉痛&筋違い(?)。とにかく肩が痛くてダルい。原因は前日の本社の手伝い。肉体労働だったのよぅ。
腕を下ろしてても上げてても痛いし、ダルい・・・(涙)
2004.05.28 / Top↑
二胡レッスンなんだけど、昨日帰宅が遅かったせいか何だか「だるだるモード」だわ(いつもかもしれん・・・)。練習もしてないし・・・と気が重かったのですが、もちろんレッスンには行ってきました(何もないのにサボったことはありません。一応^^;)。
次回は私用で欠席するからしっかりやっておかなくては!

ここのところずーっとやっている「南泥湾」「小曲好唱口難開」「歩歩高」をさらっと流した後(今回は「涙そうそう」は無し)、「ちょっと滑り(滑音)の多い曲やりましょうかね」と「五更調」と「揺籃曲」のプリントが配られました。「五更調」って割と最初のほうで習う曲だよねえ、確か(でもこれ滑音ないぞ。ついでか?笑)。でも私は習ってないけど(途中で教材が変わったので^^;)
先生の説明を受けながら後について弾いていくのですが、「五更調」、難易度はそう高くないはずなんだけど(でもきれいに弾くのはどの曲でも難しい)、初見ダメダメの私はちーーっとも頭に入りません。
「揺籃曲」もなかなか頭に入ってきません。この曲は滑音かけながらの移動が多く、しかも子守唄なので「やさしく、ゆっくり、柔らかく」という風に弾かなくてはなりません。
・・・私が弾くと子供が泣き叫びそうなんだけど(汗)

次回、私が欠席のせいか、今回はかなり駆け足で説明終了でした(普段は2曲まとめて説明しちゃうなんてことはしないのです)。つまり「しっかり練習してこい」っちゅーことですな。ぬはは・・・
が、がんばろーー・・・(←語尾がフェードアウト状態^^;)
2004.05.28 / Top↑
●6回目
 ・書き換え練習
 ・発音練習(発音の区別、声調の区別、er音とer化音、半3声)
 ・第2課-日常の挨拶

最近はレッスンが始まる前に「今日のお天気はどうでしたか?」「良かったです」という簡単な会話を老師としているのですが、今日は思い切って自分から「我学習二胡」と言ってみました。本当は「二胡と笛子」と言いたかったのですが、「~と~」が分からなかったので日本語で付け足しました(日本語で言う前に調べろって感じですね^^;。ちなみに正しくは「我学二胡和笛子」です)。
すると老師はとても嬉しそうに「まぁ、どれぐらい習ってるの?」「笛の膜は日本で買えるの?」「笛膜は何で出来ているか知っていますか?」と聞いてこられました。二胡よりも笛のことをいろいろ聞かれたので、ひょっとすると老師、笛吹けるのかしら?(笑)

書き換え練習は文章の途中に(   )になっている箇所があるので、そこに他の語句(テキストに載っている)を当てはめ、実際に生徒同士で声に出して練習します。
発音練習はよく間違えやすい発音(例えば雑技(zaji)と雑誌(zazhi))を続けて発音して、ちゃんと区別がついてるかチェック。これが案外難しい。ピンインが表記されているので頭では違うと分かりますが、実際に声に出してみると・・・アレレ?違うぞ。声調に気を取られて発音を忘れたり、またその逆もあるし。やはり何度も声に出して練習することは大事なんですねー。
第2課は「日常問候」。日常の挨拶です。久しぶりに会った知人同士の会話という設定。
これは時間の関係で語句の発音と説明、例文を何回か発音練習してから、語句微妙なニュアンスなどの説明だけでした。今回欠席の人もいるのでその方がいいでしょうねえ。
しかし、ここでも声調が大問題!頭じゃ分かっているのに音が下がらない、上がらないの連続。やっぱりこれも二胡や笛の練習と同じように歌ってみた方が良いのかも(ハミングか、それとも「マーマーマー」とか?(笑)。ファンキー末吉氏のように「声調」=メロディーと捉えた方が、まがりなりにも二胡をやっている身としては理解率高そう・・・)

「次までに例文覚えてきて下さいね!」
・・・例文、けっこう多いんですけど・・・(-_-;)
2004.05.27 / Top↑
ここのところ気になってるのが「足ツボマッサージ」。
英国式は「足の反射ゾーンを程よく刺激」らしいのだけど、台湾式は例の「絶叫」ってヤツです。
受けてみたいんだけどコワイ・・・。ううーん(^^;)
2004.05.26 / Top↑
朝起き抜けからクシャミ連発。鼻がムズムズする~。
去年は6月にどうにもならなくなって耳鼻科行ったし。そろそろアレルギーの季節到来なのか?いーやーだー!
2004.05.25 / Top↑
現在の私は「三兎追う者」(二胡、笛子、中国語)。でもとりわけ中国語講座が始まってからはかなりの睡眠不足。なので練習時間の配分を見直し、二胡の練習時間を減らしてみたら・・・欲求不満だよぅ!
もちろん長くやれば良いってもんじゃないし、超熱心って訳ではない(私のヤル気は普通レベル^^;)。でもちょうどノッてきたかな?という頃に時間切れ。
ちょいとジレンマ。
2004.05.24 / Top↑
むふふふふ~♪今日はいつもより早めに笛レッスンの後、ジャー・パンファンさんのコンサートです。
いつものごとく、早めにお店に行ってまったりさせてもらった後、笛子レッスンです。
ロングトーン=息切れ、タンギング=ヨダレまみれ、で相変わらずです。いつになったらキレーに澄ました顔で吹ける様になるのだろうか?
前回のレッスン時にも思ったのだけど、「レ-ソ」とか「ミ-ソ」などの右手と左手いっぺんに動かすのはやはり難しい。そのうえ、この日やった練習曲でさらに苦手なのを発見。それは「ファ-ラ-ファ-ラ-ファ」というような音のつながり。どうしても左手の人差し指を動かすのを忘れてしまう・・・。で動かそうと必死になるとそのうち訳が分からなくなってしまいます(もう頭も手も大混乱状態^^;)。きっと、ゆっくりゆっくり練習するしかないんだろうなぁ。
でも今日は何と!簡単バージョンの「紫竹調」の楽譜をいただきました。おおお!曲だ。ちゃんとした曲だ!

・・・ん?でもこれ、すごーく長いスラーが付いてるんですけど?

「もちろんここまで続けて吹くんよ」

息続きませんけど。

「練習して吹きましょうね」

・・・・(--;)無理ですぅ

この「紫竹調」は私たちの習熟度に合わせて、修飾音つけたり音を足したりして、どんどん書き換えていくそうです。・・・変化しなかったらどうしよう(汗)


レッスン後はT師匠、Hさん、AKさんとジャーさんのコンサートへ。
この日の会場は梅田のフェニックスホール。このホールは初めて行ったのですが、割と小さめでじっくり音を聴くのには良さそうです。私は1階の後ろから2列目。こう書くと何て後ろなんだと思われるかもしれませんが、ホールが小さいので奏者が豆粒というようなことはありません。ただ各列に高低差がないのでその点は少し見づらいかもしれません。
お客さんは噂に違わずマダムが多いようです(ジャーさんの演奏&MCを聴いて、何故マダムが多いのか分かったような気がしましたが。笑)。私の斜め前のご婦人は演奏が始まると身を乗り出して、かつ体が斜めになってました。おそらく手元を見ていらっしゃったんでしょうけど・・・。あの~、それじゃ私全く見えないんですけど・・・(^^;)
幸い1曲目が終わったところで、斜めからまっすぐに戻られたので見えるようになりましたが、熱心なファンの方だったのかもね。
ジャーさんの音色は非常に柔らかい感じですね。東京で聴いた曹さんの音色も非常に柔らかい感じなのですが、また違う感じです。本当に人によって音色が違うのですね(楽器によっても音が違うとは思いますが、それを差引いても音が違うと思います)。

演奏後はピリ辛ラーメン食べて(美味しかった♪)帰りました。

曲目
●1部
「 Silent Moon」「愛を奏でて」「In the Garden」「懐郷曲」「 ニューシネマパラダイス 愛のテーマ」「地上の星」
●2部
「 豫北叙事曲」「柳島の風」「鳥の歌」「睡蓮」「トトとアルフレード」「ロマンス」「賽馬
●アンコール
「少年時代」
2004.05.23 / Top↑
先週は東京旅行でお休みしたので2週間ぶりです。遊んだ分頑張らねばいかんのだろうが、練習してないや。まぁええか(こらこら^^;)
終業後あわてて教室へ行くと他の生徒さんが1人いるだけ。どうやら今日は2人でレッスンのようです(通常は4人)。いやん、風当たりキツいやん(^^;)

「南泥湾」「小曲好唱口難開」「歩歩高」を確認のために弾いた後、先々週に楽譜をもらった「五更調」「揺籃曲」に入りました。私は先週休んだのでちーっとも進んでません。
どちらもゆっくり目の曲ですが(「揺籃曲」は超ゆっくり。子守りの曲なので)ゆっくり=簡単ではありません。どちらも「表現」を要求されるので難しいです。

「揺籃曲」をもう1人の人と合わせて弾いてみると、あれあれあれ?スピードが合いません。先生「あんた(私)は早い、あんた(彼女)は遅い。合ってない」。そのうえ自分の苦手なところになると、私も彼女もテンポを保てないのでさらにバラバラ。つまり他人の音が聴けていないってことですね。4人で弾いてるとあまり目立たないんだけど、2人だとバレバレです(^^;)。

その後「友誼地久天長」という曲のプリントが配られたのですが、これ何の曲だと思いますか?・・・なんと「ホタルの光」です。タイトル見ただけじゃ絶対分からないですよね~!
ただこの曲、個人的には大問題。私個人の考えなんですが、音楽って曲の中はいくつかのフレーズに分かれていると思うのです。で、当然「ホタルの光」も分かれている訳ですが、私の中の分け目と曲の分け目が合ってない。・・・分け目にスラーが付いてるんです、この楽譜。第1印象は「この楽譜気持ち悪い」でした。五線譜のイメージがあるから余計なのかしらん・・・。
なのでこの「分け目」スラーにつっかえまくり。はっきり言って弾きたくない・・・かも。
こんなこと言ったら教えて下さってる先生に大変失礼なのですが、この楽譜、おそらくレッスンが終わったら見ることはないと思います(気持ち悪くてたまらん)。
正直、早く終わってくれとお祈りしたい気分です。
2004.05.22 / Top↑
●5回目
 ・文法-動詞述語文
 ・「是」の文
 ・疑問詞(なに、だれ、どこ、どれ、いつ)
 ・形容詞述語文

前回から始まった第1課の続きです。文法の説明などです。中国語は英語と同じで主語の後に動詞が来ます。中学で初めて英語を習ったときは少しびっくりした覚えがありますが、英語の下地があるせいか(ほとんど喋れませんけど^^;)、これに関しては違和感はありません。それに中国語は語形変化がないので英語よりはちょっと楽?かも。
しかし出だしからちょっと失敗。授業で使う語句があるのですが(「私について読んで下さい」とかそういう類です)、ちゃんと覚えていなかったため老師の言われたことがちょっと分かりませんでした。もちろん、分からずにキョトンとしていると日本語で言って下さるのですが、ああ、しまった~!ってな感じです。次回までに覚えられるか(無理かなあ。結構多いんだなこれが・・・)
否定形で「不」の使い方も習いました。前から「没」とどう違うのだろう?(「○○持ってる(有る)?」と聞かれて、無かったら普通は「(没)有」と答えるのですが、じゃぁ「不」はこれには使えないのか?等)と思っていたのですが、自発的な意思があるもの(例えば「私は行かない」とか)には「不」を使い、それ以外は「没」を使うのだそうです。ちょっと違うかな?と思う例もあると思うのですが、大体こんな感じらしいです。
あと「これ、それ、どれ」「ここ、そこ、どこ」をワンセットにして習いました。しかしこの「これ、それ、どれ」の後につく字、物の種類によって変わるのでかなり要注意のようです。今日習ったのは「ge」(←字がありません^^;。日本語では「個」に近い感覚か?)だけですが。

授業の終わりに老師が「皆さん、1日に40分ぐらいは勉強して下さいね」
(皆ええ~っ?!という顔をしながら)よ、40分ですか?
「そう。今しんどくても後で楽できますよ」
老師、すいません。私のアタマ40分保ちません・・・。
2004.05.20 / Top↑
中国語のレッスンなんだけど、先週も今日も雨降り。地下道出口とビルの入口が隣接してるからまだいいけど、やっぱり雨の日に寄るのは面倒くさいなぁ。
2004.05.20 / Top↑
月曜日は東京から帰ってきて頭ボケボケ状態だったので、テレビの中国語講座のビデオ録画を忘れてしまいました。で、この日の再放送を録画・・・と思ってたら失敗。敗因はGコードが分からなかったので(再放送は早朝)手動で予約したら、予約時間が午後6時~午後6時半になってたせい。・・・うえ~~ん(涙)
2004.05.19 / Top↑
3日休むと頭ボケボケ。仕事でもケアレスミス続出(をい)。いかんいかん。
でも眠いーーー!!!
2004.05.18 / Top↑
●4回目
 ・R化
 ・数のかぞえ方
 ・第1課「初対面のあいさつ」

R化・・・なんだこりゃあ?という感じがします。北京の人はよく「花」などはR化するそうですが、とりあえずは「一会儿」は必ずR化するのでそれだけ覚えておけということでした(しかし音節がR化すると、聞き取りしててもなかなか分からんのじゃないかな~と思うんですが^^;)。
数は、おそらく麻雀をする人だったら覚えるのは早いのではないでしょうか。私は麻雀をやらないので4までしか読み方を知りませんでした(笑)。
そしてとうとう第1課。会話文です。まあだいたいラジオもテレビも書籍も、ほぼ同じような表現からスタートしてるようですね。しかし会話に入ると一気に覚えなくてはいけない単語が増量!ドラえもんの暗記パンが欲しい気分・・・(^^;)
第1課は「こんにちは」から始まる会話なのですが、ここで2人ずつ役割を割り振って、声を出しながら会話練習をしました。おおう、頭の中ではピンイン表記のおかげで声調が分かってても、実際声に出すとまた違います(いざ言うと緊張するのか、自分で練習してる時点では出来ていることでも出来なくなります。二胡を先生の前で弾くのと同じかも)。難しい~!舌も回らないし。
「皆さん発音は割と良いですよ。でもそれより大事なのは声調です。これが合ってないと相手に通じません」。はあ、言うので精一杯で声調が頭から飛んでますわ・・・。
それとやっぱり日本人は「シャイ」かも。言ってみなさいと当てられると声が小さくなっちゃったりする。でもこれは上達の妨げになるんだよねえ。出来なくて当たり前!で当たって砕けてみなくちゃいけないのだわ。これは「旅の恥はかき捨て」だよね~!(違^^;)
2004.05.13 / Top↑
雨降り。今日は中国語のレッスンなんだけど、幸いレッスンをやっている教室が入っているビルの入口は、地下出口から2~3メートルしか離れていない。こういう時はちょっとラッキー♪
2004.05.13 / Top↑
ここのところ「あれしなきゃ、これしなきゃ。あっ、あそこにも行かなきゃ、あっちにも行かなきゃ」という状態(仕事にあらず^^;)。そのせいかなのか?反動で頭がぼけぼけモード(連休は終わったというのに・・・)
仕事でもちょっとケアレスミス連発。

ああ、ごめんなさい。反省・・・m(_ _;)m
2004.05.12 / Top↑
校了で最終出力が続いてる。立ってばっかりだ。足がダルい~!
集中力がなくて練習もいい加減。ヤバい・・・。
2004.05.11 / Top↑
朝から雨降ってます。あんまりムシムシするので、今期初、職場のエアコンをドライ運転させてしまった。職場は西向き&マシンだらけで他の部屋より温度が高いため、けっこう大変。
そういや昔、真夏にエアコンが1週間ほど壊れて動かなくなり、全員残業しないですたこらさっさと帰ったことがあったなぁ(毎日仕事帰りにデパートで涼んでから帰宅してました^^;)。
2004.05.10 / Top↑
今日は笛レッスン日ですが、その前にこの日にオープンのチャイナ・ショッピングモール「上海新天地」に行ってきました。オープニングイベントとして「東方天使女子楽団」の演奏がこの日から3日間行われるので、それを目指して朝っぱらからGO!(笑)
ホームページでは初回の演奏は10時~になっていたのですが、開店10時なのに10時からできるのかなぁ?と思っていたら、案の定11時からでした。
会場はショッピングモールなので、どうしても人の出入りが多くてざわついているのですが、そのせいでしょうか?どうも二胡の馬さんはあまり表情がよくなかったようです。
しかし演奏は正確無比。やはり「プロ」ですね~。
2回目の演奏を聴いた後お店に行き笛レッスン。私はレッスン後はお店でまったりしていたのですが、4回目の演奏を聴きに行ったクラスメートT師匠と二胡友人OYさんにによると「最後が1番良かった。ちょっとプログラム変えて二泉映月弾いてたし」だそうです。うーーん、行けば良かったかなぁ。ちと後悔・・・。


さーて、笛レッスンです。相変わらず「タンギングでよだれまみれ」&「酸欠金魚」なのですが・・・。
ロングトーンで音階を吹いた後、前回家でやっておくようにといわれた曲などから吹いてみます。ぐぐ、右手中心(高いソ~高いド)のタンギング練習曲が音が切れる&出ない?!と思ったらやはり膜が張ってきてます。最初は割と調子良かったのになぁ。膜を直すと音が出易くなりましたが、やはり右手は要注意です(膜を直しても音が途切れる^^;)。
それと次のブレスまでの間が8拍以上の長~い曲はやはり息が続きません。6拍目ぐらいで切れてしまいます。
今日の注意事項はスラーが付いている箇所を吹くとき、違う音が混じってしまうので、そこを気をつける。「254321---」というようなフレーズの場合、指を押さえるタイミングが揃っていないため違う音が混じってしまうのですね。私個人としては2から5へが特に難しく思えます。
あと、伸ばすところは音量が山形の曲線を描くようにする。つまり出だしより真ん中を大きくして、後は徐々に小さくする。この方がブレスも目立たないし、音楽的になります。いや~、頭で意識してもなかなかです・・・。やっぱり吹くことだけで頭がいっぱいですね。でもこれができないと「音楽」にならない、ただ吹いてるだけになってしまいます。

当分ヨダレまみれ(汚)でがんばろうっと。
2004.05.09 / Top↑
仕事の後、大阪・フェスティバルホールで行われた「イマージュ4」のコンサートに行ってきました。去年に続いて2回目です。前回は会場が国際会議場だったためアクセスが悪く、帰宅がかなり遅くなり大変でしたが、今回は肥後橋のフェスティバルホール。どっからでもかかってこいです(笑)。

前回は前から2列目で「出演者はよく見えるけどステージ全体がよく分からない」感じでしたが、今回は後ろから2列目。極端やなぁ。出演者の顔はあまり見えないのですが、ステージ構成はよく分かりました(このホールは何処に座っても割と見やすいです)。

出演者は鳥山雄二、小松亮太、松谷卓、ゴンチチ、加古隆、羽毛田丈史、葉加瀬太郎(敬称略)。うーーん、今回は女性陣がいてませんねえ。おなじみのメンバーのみってところでしょうか。
皆さんそれぞれ、よく知られたテレビ番組や映画のテーマ曲を手掛けている人ばかりなので、耳なじみのある曲ばかりです。心地いいなぁ♪

葉加瀬さんは去年「流転の王妃」というテレビドラマで音楽を担当されていたのですが、メインタイトルはバイオリンと二胡のデュエット曲です(二胡はシュウミンさんが演奏)。しかし二胡のゲストは見当たらないしどうするんだろう?と思っていたら、イマージュオーケストラのコンマスの方が二胡を演奏されてました。・・・でもちょっとバヨリンっぽいかなぁ(もちろんお上手なんですよ。でも少ーし感じが違うのねえ^^;)
ラストはもちろん?「情熱大陸」で会場全体ノリノリでした。

あー、楽しかった~♪
2004.05.07 / Top↑
今朝見た夢。ホテルか前に住んでいた家なのかよく分からないんだけど、母と並んで眠っていると頭が向いてる方の壁にある洗面所(?)からいやーな雰囲気というか、気配というか、そういうものがドワーーッと流れ込んできて、怖くて怖くて眠れない(というか、金縛ってるというか・・・^^;)。人か何かよく分からないものがざわめいてる感じ。
おかげでちゃんと眠った気がしなくて、かんなり疲れた気がします。夢は記憶などを整理するために見るものだそうですが、こんな恐怖体験みたいな夢なんてイヤじゃ~!(T_T)
2004.05.06 / Top↑
●3回目
 ・nとngの区別
 ・声調の変化(3声+3声)
 ・軽声
 ・不(pu)の使い方、声調の変化
 ・1(yi)の声調の変化

休み明けいきなりレッスンです。しかし休み中思いっきりダラけていたので、ただでさえ錆び付いた頭がひどいことになってます。ひーーーっっ!!!
この日はレッスン開始前より老師が部屋に来られていたので(いつもは生徒さんの相談?やら何やらで、他所でいろいろ喋っていらっしゃいます)雑談しながら「お腹が空いた」とか「ゴールデンウィーク」などの表現を教えてもらう。
そうこうしているうちにレッスン開始となった訳ですが、しまった!!録音用のポータブルMDプレーヤー忘れてきちゃったよう!
すると老師がすかさず「『忘れた』は「忘了(Wang le)です。はい、覚えましょう!」。・・・そ、そうですか。よーく分かりました(お陰様で一発で覚えられましたわ・・・^^;)
nとngの区別はちょっと難しい。出来てるつもりでも出来てなかったり。しかしこれって、中国語に慣れてきたら聞き分けができるようになるのかなぁ?今は老師の発音、全部同じに聞こえるんですけど。
声調の変化と軽音はすでにやっているので(というか、初回からこの説明なしに授業を理解することはできない状態でした^^;)、再度おさらい&確認です。
「不」の使い方はラジオ&テレビでも既にやっているのでOKかなぁ♪
問題は「1」だなぁ。何だか頭に入らないし(もうレッスン終了間近で集中力がない^^;)、「第1課」などの場合が1声になるというのが、かなり気を付けないと間違えそうだわ。ま、これは次回も再度やりそうだし、いいや~(コラコラ!)

老師はレッスン中にも日常良く使う言葉を教えてくださるのですが(テキストに載っていない言葉ね)、これを全部余すことなく覚えられたらカタコトの日常会話はすぐできそうなんだけど・・・。って、じぇんっじぇん無理なんだけどね(漢字は割と頭に入ると思いますが、ピンインがちーっとも入らない。あぐぅ~~)。
2004.05.06 / Top↑
新しい水筒を購入。今度は今主流のステンレスボトルです。今度は割れないハズ・・・(でも前のを思うとやっぱり悲しい;_;)
夕方から頭痛で少し沈没気味。結局「のだめ部屋」はそのまんまです(汗)。
2004.05.05 / Top↑
5月1日~4日までインテックス・フェスタ2004が開催されているので、二胡朋友とともに二胡の演奏を聴きに行ってきました(期間中は様々な国の芸術や文化を紹介するイベントがたくさんあるのです)。入場後台湾のブースを訪ねると、もうまもなく演奏が始まるとのこと。おお、ラッキー!!

「涙そうそう」「太湖船」「童神」「世界に1つだけの花」など、おなじみの曲がいっぱい!まわりの人達の反応を見ていると、やはり「世界に1つだけの花」が1番ノリが良かったかな?(二胡を知ってる人は少ないのかな・・・)

演奏終了後に奏者のTさんにお話を聞くと「回りが騒がしいので、いつもよりビブラートをオーバーにかけてる」そうです。へーーっ!やっぱり変えたりするんだ。「こういう騒がしい所での演奏法だからマネしたらダメですよ!」ともおっしゃってましたが(いや、そもそもマネが出来ないんですが^^;)。

結局、この日は3回、二胡演奏を聞かせていただきました。外の天気は嵐(!)だったけど、耳は満足、満足でした。ああ、シアワセだなあ。うっとり。
2004.05.04 / Top↑
今日はサークルの練習会です。6月の営業の練習ということでしたが・・・、アカン、練習してないの丸分かり、バレバレですねえ。パート間違えて上パート弾いてたり(かんなりボーーッとしてました^^;)。

ところがこの練習会に「温かいお茶が飲みたい!」ってことで水筒を持参したのですが(自販機もコンビニも冷たいお茶しか売ってないんだもーん。温かいお茶も販売してくれっ)、取り出すと何やら下の方が濡れてる・・・?!
この水筒、実はわざわざレトロな商品企画で作った物で、中がガラスのものだったんです。それにどうやらヒビが入ってしまったらしく、下からダダ漏れ状態・・・。

うわーーん、まだ数えるほどしか使ってないのにぃ~!しくしくしく・・・(涙)
2004.05.02 / Top↑
今日から5日間の連休スタート!自室が「のだめ部屋」になってるのでこれを何とかしたいんだけど・・・、できるのか?!
二胡レッスンも休みなので思いっきりダラけまくり。眠眠眠zzzzz・・・。
2004.05.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。