上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
梅雨ですね。
毎日湿気湿気でたまりません。

で、リアルぱぱんだをご存知の方はよ~くお分かりかと思いますが、私の頭はくるくるのぱー・・・あ、髪の毛がです(^^;)

これだけ湿気てしまうと、いくらドライヤーでブロウしてもすぐにくるくるのぱーです。
特に前髪が他所よりくせがキツくて、縦ロールをちょっと引き伸ばしたようになってます(他はなっみなみ~~~)。

たとえくせ毛でもまとまればけっこういけるんですが、悲しいかな、ちっともまとまりませんわ。

ああ、早く梅雨が終わらないかなぁ。
スポンサーサイト
2006.06.27 / Top↑
昨日フルートのイベントも終わり(ええもう、出来はヘロヘロでしたが^^;)、後は7月の発表会のみです。やらなきゃいけない練習曲もちょっと減ったので楽かな~?でもイベントの曲ってちゃんとは吹けてない訳だし、継続してやらなきゃいけないんでしょうが・・・とりあえず解放感(笑)
フルートのチューニングは頭部管の差し具合(それとも抜き具合というのか?)で決まりますが、最近は「442ならこれぐらい」というのがようやく分かってきました。意外と「差し込んでる」って感じです(やっぱり息が弱いのかなぁ^^;)

次回からは教本の方も再開する予定ですが、この日のレッスンは発表会仕様。「星に願いを」(セカンド)と「瞳を閉じて」。だいたい分かってきましたが、まだまだ。音がブツ切れ、優雅さとは程遠い状態です。

「星に願いを」はブリチアルディ・キーを使う箇所と使わない箇所があるのですが、時々押し忘れてます。で、変なハーモニーになってます(汗)。特にドの音の後に忘れてますね。一緒に押さえるだけなのに何故なんだろう?
最初はよう分からんと思っていたセカンドパートもかなり飲み込めてきましたが、先に書いたとおり「ブツ切れ」状態。この曲は皆さんご存知でしょうがゆったりとした曲です。で、それがブッチブチに切れている訳でして・・・これじゃあお星様にお願いしても何もかなわへんがな(^^;;;)
強弱とか表現の問題もまだまったく手付かずだし、「音楽」になるのはまだまだ先でしょうねぇ(遠い目)

「瞳を閉じて」はほぼ飲み込めましたが、三連譜と休止符のところがどうもリズム音痴状態。あと途中で7小節ほど休みがあるのですが、その後の入るタイミングがいまひとつ。数えてるのに分からないってどういうことだよぅ>ぢぶん。
リピートがあるのでけっこう長いのですが、
「最初から盛り上がってしまうと最後まで続きませんよ~」
いや、分かってるんですが、何といってもあの「セカチュー」の曲ですもん。やっぱり盛り上がりたいです。とうことは、最後まで盛り上げながら吹き切る体力が必要だってことですよね。やっぱり管楽器は体力だなぁ。

次回は発表会で一緒に吹く方たちと合わせる予定です。ああ、足引っ張らないようにしなきゃ(汗)
2006.06.26 / Top↑
今日はフルートのイベントの日。大人数で合奏です。
しかし眠いです。本音を言うと家でゆっくり眠っていたかったんだけど。

曲は「アイネクライネ・ナハトムジーク」と「ディズニーメドレー」の2曲。
がっ!すでに「ディズニーメドレー」は捨てている私(おいおい)。出来る範囲で頑張りますぅ。

まずは「アイネクライネ・ナハトムジーク」から。これは有名な曲なので、セカンド吹いててもメロディーが分かるので非常に楽です。
しかしメロディーが分かって楽ではあるけれど、指は楽じゃないです。特にスラー。タンギングしてると吹けるものでも、スラーになった途端に吹きにくい。むむむ。

この曲の注意点は常に自分の内に8分音符を刻んで、音の粒を揃えなさいということでした。
パート別にウォーミングアップをしてから、通しで注意点をチェック。その注意点を修正しながら練習してから最後に本番(録音)。
この曲は吹いててとても気持ちよかったです(1/Fゆらぎ効果かな?^^)。来るべき所にきちんとその音が来るという感じですもんね。やっぱりモーツァルトって天才だなぁ。

次は「ディズニーメドレー」。・・・正直、これ、練習しててもよく分からないって感じでした。会場で全パートが揃わないと全貌が見えない曲だったもので。
メロディーが追いかけっこしてたり、他の曲が伴奏に使われてたりではっきり言って難しい。休みや裏拍もとても多くて、トロい私にはとても苦手な系統の曲です。
これも録音があったのですが、参加者が多いので、他の人に音に隠れてました。(^^;)

年に1回開催されるイベントなので、来年はもっとスラスラ吹けるようになって参加したいなと思いました。


この後は昼食を摂ってから、中国楽器の合奏練習の後半(1時間)に参加。
途中参加だったのでいきなり曲です。しかも知らない曲ばっかり(^^;)
幸いにも笛のとても上手な大先輩が参加されていらっしゃったので、その音に隠れて吹いてました。わはは。

今日は普段の私と比較すると、びっくりするぐらい笛を吹いた1日でした(笑)。
体力使ったけど楽しかったな~♪♪
2006.06.25 / Top↑
体もゆるむようです。
忙しい時はどんなにしんどくても何故か体調崩さないのですが、ヒマになるとでろんでろんですぅ。

今週はひたすら何もせず早く寝てます。

もともと三半規管が弱っちいみたいですが(子供の頃からなんですわ・・・^^;)、ちょっと来てますねえ。

ヒマなんだけど明日も出勤。
のろのろマイペースでやります。
(そしておそらくミクッってることでしょう^^;)
2006.06.23 / Top↑
でお薬飲みました。あー頭痛い。
何ヶ月ぶりかな?頭痛薬飲んだの。

お仕事がまったりなので本社に手伝いに行ってたんですが、それで白い白~い印刷物をいっぱい折ってました。
(いわゆる「折り」ってやつですね)

で、その白がとっても見にくくって、いつも以上に目を使ってしまったみたいで。
フルートのレッスンの時は吹くのに必死で忘れてたんですが、終わったらドガーーンと来ました。

ミクッってないで早く寝ろ~!って言われそうですが、たまには続けて日記も書いてみないとね。
(1ヶ月まるまる日記を書いたことがない人間^^;)
2006.06.19 / Top↑
先週は休みだったので2週間ぶりのレッスン。が、その間ほとんど練習できてません(いや、してませんというべきか?^^;)。
社会人の習い事はこんな感じよって割り切れないと、ホント続けられないですね・・・。しみじみ。

フルートのイベント前の最後のレッスンだったのですが、
「どんな感じですか~?」
ああ先生、私もうディズニーメドレー捨てましたから(こらこら)
「ええ?」
ええ、捨てたんですっ。吹く真似してます(^^;;;)

・・・という訳で、この日はイベントの曲はやめて、発表会用の曲を進めることになりました。
発表会の曲は「星に願いを」と平井堅さんの「瞳を閉じて」。
まずは「星に願いを」から。
この曲は伴奏(セカンド)担当です。
何だか「このセカンド主旋律より難しい~!」と皆から言われているそうですが、ブリチアルディ・キーを押したり離したりするからかな?
でも慣れてくればそうでもない感じです。注意点は主旋律が鳴っていないところでも音があるのでしっかり自信を持って音を出すこと、それとゆったりした曲なので、スラーではないけれども音をなめらかにつなぐように吹くこと。
「これってセカンドだからファーストよりも音が大きくなっちゃいけませんよね?」
「だいじょーぶ!ファーストの人たちとっても音が大きいから」
じゃあ遠慮なく!(笑)

さて次は「瞳を閉じて」
これは練習の成果がちょっと出たかな?という感じです。ふふふ、よく知ってる曲だから楽しいわぁ。
割とするするといった感じですね~。でも表現も何もないけど(^^;)
もっと練習して、ぐわ~~~っと盛り上がるように吹ける様になりたいなあ。
でもまだパート毎に区切ってなので、次回あたり全曲通しで吹きましょうとのこと。
通しか~~。もっと練習しなくちゃ♪
2006.06.19 / Top↑
だらだら過ごす休日のパターンでした。
ええ、思いっきりだ~らだら。

テレビ見てても寝ちゃうし、マンガ読んでても寝てしまう。

しかも練習はちょびっと(^^;)
フルートのイベントが近いのでそれ主体なんですが・・・。

・・・やっぱりいまいちよく分からん&好きになれないディズニーメドレー。
何吹いてんだかさっぱりだわよ。

まあ、参加することに意義があるのでいいや(をい)
2006.06.18 / Top↑
私の勤めている会社は、月の後半は出勤という変な会社です。
だから後半になるとちょっとヘロヘロしてます(別に隔週にしても、どうってことはないと思うんだけどねぇ^^;)。

土曜日出勤って楽ちんです。
電車はガラガラ、他社から電話かかってこない→なので仕事に動きがないの→量も少なめ♪
まったりネットサーフィンなんかしちゃったりして(笑)

そりゃもちろん、完全週休二日制なのが1番だけどね。
でも思わぬところに「楽しい」ポイントがあったりするものなんですよね。

さ~て、午後からもまったりお仕事、お仕事。
2006.06.17 / Top↑
ここ何ヶ月かの自分を振り返ってしみじみ思いました。
「私、極め付きのナマケモノやん^^;」

ことの起こりは数ヶ月前(だったと思う)。
CDウォークマンが昇天しちゃったんですねえ。
で、そのウォークマンで中国語ジャーナルの付録CDを聞いていたのです。これは困ったぞ。
さあ、どうしよう?

でもその時すでにipodを持っていたので、パソコン通してipodに入れればいいやん~♪
などとお気軽に考えたのでした。


が!
あれから私、中国語ジャーナルのCD聞いてません。
ええ、1度もっっ!


・・・つまりどういうことかと言うとですね。
パソコン通してipodに入れるって作業すら、私には面倒くさい。モノグサなんです。
ところが定期購読しているので、音源は毎月入れなきゃいけない。

そもそも通勤途中などで音楽を聴くのも、そこそこ聴ければいいってなぐらいで、何千曲も好きな音楽を持ち歩きたいとかそういう欲求がない人間だったりするし(気に入ったら1ヶ月同じCDでもまったく平気だし^^;)。


ここ何日か考えて結論が出ました。
ipodで毎月、語学学習用音源を入れ替えるのは私には無理です。
どんなにいいものを持っていたって、私のナマケモノ心の方が強いんだもん。

・・・で、今手元に新しいCDウォークマンがあります(^^;)
微妙にアナログ人間な私なのでありました。
2006.06.16 / Top↑

昨日、京劇を見に行く前に書店に寄ったら、何だか面白そうな本があるじゃないの♪
という訳でさっそく購入。
西洋楽器の構造を分かりやすく解説している本です。

私はヴァイオリンと古楽器のヴィオラ・ダ・ガンバ(脚のヴィオール)って同じ出自だと思ってたんですが、違うんですね~!オドロキ。
種類別に楽器が解説されていて、写もがたくさん載っています。とても分かりやすく、かつ目の保養にもなります(^^)
普段見ることなどないファゴットの取り外した状態とか(4分割)、いろんな種類のリガチャーとかマレット&スティック(普段見ること絶対にないですもんね)。

1番びっくりしたのは古楽器のキット(キットがあるなんて!)。
「一から楽器を作ることはムリでも、根気さえあれば手作りの楽器が完成」
そりゃそうだけどさ~~。小型イタリアンチェンバロなんて42万超の、難易度☆5つ。所要時間150時間以上。

・・・作る人いるのか?(^^;)
2006.06.12 / Top↑
そして2日目。
笛子レッスンの後、日本経済新聞創刊130周年記念事業としてNHKホールで行われた、上海京劇院の「楊門女将~楊家の女将軍たち~」Bプログラム 女将合戦編へ行ってきました。

チケット発売が開始してけっこう経ってからチケットを買ったのですが、なかなか見やすい席でした。
ここのホールは1階前部のフラットなところにしか座ったことがなかったのですが、フラットな席よりもサイドのブロックの方が見やすいかもしれませんね。

この作品はタイトル通り女性が主人公で、しかも女性の出演がかなり多いので、見ていても衣装がかなりキラキラです。きれい~♪
プログラムを読むと、主人公役の俳優さんは甲冑で胸部を締めて立ち回りをしないといけないので、なかなか大変らしいです。

今回はしっぽ?(なんと言うのかしら、アレ。位の高い人の頭部に付いてるやつです)付いてる役の人が多いですね。
昨日テレビを見ていたら、フウチョウという飾り羽を使って求愛行動をする鳥を紹介していました。様々な形の羽があるのですが(生えている部位も様々。全身あちこち飾り羽だらけ、みたいなのもいました)、尾っぽに長~い飾り羽を持つタイプの羽がまさにこんな感じ。頭にしっぽ付きの人が出て来るたびに「フウチョウだ、フウチョウ・・・」と思っていたのでした(^^;)

一応中国語学習者ということでヒアリングなぞやってみましたが、固有名詞(役名)とか「どこ?」ぐらいしか分かりませんでした。
中国系の人曰く「独特だから私でも分からないよ」ということでしたが・・・本当かなぁ?

動きはやっぱり京劇~~♪で楽しかったです。でも久しぶりなんでお約束事をかなり忘れてました・・・(^^;)


終了後はベトナム系料理店で晩ご飯でした。
久しぶりの生春巻き~~♪
おいち~~~♪
ばくばくばく。

・・・食~べ~過~ぎ~だああああ!
ダ、ダイエットォ(滝汗)
2006.06.11 / Top↑
土日続けて観劇に行ってきました。
まずは第1日目。
劇団四季の「マンマ・ミーア!」です。

・・・の前に昼食の話(笑)。
この「マンマ・ミーア!」の会場は大阪・西梅田のハービス・エント7Fの四季劇場です。
昼の公演のチケットを取っていたので、その前にお昼ご飯を食べようということになったのですが、なんせハービス・エントに行ったのは初めて。どこが美味しいのか分からんぞぅ(^^;)

考えあぐねた結果カフェで軽食でもという話になり、適当にカフェに入ったのですが、蓋を開けてみるとケーキじゃなくてパスタランチになっておりました。
で、で、そのパスタランチが大当たり~~♪♪
男性だとちょっと量が足りないかもしれませんが、女性にはちょうどいい感じ。味も満足♪
そして何よりも気に入ったのはパン。2種類出たうちの1つがフレンチトーストだったのですが、その中身がとっても「ふわとろ」!むむぅ、これは家ではなかなか味わえないわっ!
前菜(サラダ)、パスタ、自家製パン、デザート(ケーキ)、コーヒーのセットでとても満足でした。

精算時に「どうでしたか?」と感想を聞かれたので、「とても美味しかった」と答えたついでにフレンチトーストのことを尋ねてみました。
「ここへきたらいつでも食べられるんですか?」
「それが日替わりでして・・・」
うむう、運が良ければあのフレンチトーストが食べられるかも、なのね。あ、でも違う美味しさに会う可能性もあるか。
またあっち方面へ行ったら食べに行こうっと♪


さてさてお腹がいっぱいになったら次は本日のメイン、劇団四季の「マンマ・ミーア!」です。
ストーリーはいたってシンプル。でもABBAの曲が全編を彩ってます。私はABBAの曲は「ダンシング・クィーン」ぐらいしか知らないと思っていたんですが、聴くと「これもABBAの曲だったのか!」と思ったのがけっこうありました。
そして1番びっくりしたのは、この日のターニャ役が前田美波里さんだったこと!(配役を見てチケットを取った訳ではないので)
前田美波里さん、私が生まれるより前から舞台女優をされているんですね!子供の頃テレビコマーシャルで見ていた人の、生の舞台を見られるなんて。予期していなかっただけに嬉しい衝撃でした。
こういう言い方をすると失礼ですが、そろそろいいお年のはずです。
でもものすごくきれい!体のラインといい、姿勢といい、歌といい、すご~くかっこいい!
もう惚れ惚れ~~って感じでした。

舞台は全編通してノリノリです。往年のABBAのファンの方は堪らないでしょうね。
そしてラストは本編よりもっとノリノリ(笑)。
普通の舞台はストーリーが終わると出演者が幾度か挨拶をして終了ですが、この舞台はラストがコンサートなんです。
派手な衣装で舞台も客席の超ノリノリでした。

ああ、本当に楽しかった~~♪
やっぱり舞台っていいわぁ。
生のエネルギーが溢れてますね♪
2006.06.11 / Top↑
浦沢直樹さんの作品です。
たった今最終巻を読み終わりました。

すごいって言ってしまうと簡単ですが、一言では言い表すのはとても難しい作品ですね。
まだ細部までよく飲み込めていない感じがします。
また最初から読んでみたいなぁ・・・とも思います。
(しかし借り物なんで、手元にないのよねぇ^^;)

実は借りてから読み終わるまでに1年近くかかりました。最初はどうにも中に入れなくて、読んでもイマイチだったのですが、10巻に近付いたあたりから加速し、今日は一気に5冊も読んでしまいました。

個人的には最終話が1番かも・・・。
人間て何なんでしょうね。
善であり悪であり、そのどれでもないのかもしれません。
2006.06.09 / Top↑
昨晩は喉がちょっとひっかかった感じだったので、うがいをしようと思い、勢いよく上向いたら首の筋がグギ!!!

ちょっと痛いな~と思いながらそのまま寝たら(寝るなって^^;)、起きたら首が回らない。
1日湿布べったりでした。
(これ書いてる今はちょっとマシ。でも上の方に顔が向けられない)

今日は今日で、トイレに入ってドア閉めて方向転換したら、壁に取り付けてあるウォシュレットのリモコンに右肘激突。
(かなり痛かった・・・)
トイレの中で悶絶。
しばらく右手に力が入らず、ぶらりんこ・・・。

何だかなぁ。
ちょっと冴えない日ですなぁ。
はあ~~~~~~~。
2006.06.07 / Top↑
5月はほとんど笛子の発表会に集中していたので、フルートはかなり手抜きでした(発表会終了後はフヌケ状態^^;)。というわけでレッスン日記を書くのもサボッてました。
5月からお仲間が1人増えて3人でのレッスンになりました。2人で1人休んでしまうとちょっとツラいものがありますが(美味しいっちゃおいしいのですが、1時間ひたすら吹くのはかなりきます^^;)、これからは寂しくないぞう(笑)

現在は、6月末にフルート関係のイベントに参加することになっているので、ほとんどその曲ばかりです。なので教本はほとんど進んでいません。一応、家で練習するときは教本のおさらいもしますが、鈍ってそうな気がするなぁ。
で、イベントの後には7月にクラス発表会が控えてます。何だかとんでもないスケジュールだなぁ(イベント避けて発表会に日を決めてたのに、蓋を開けたらこうなってました・・・)。まぁイベントは「参加することに意義あり!」だからいーのだ!ホントかよ^^;

イベントの曲は「アイネクライネ・ナハトムジーク」と「ディズニーメドレー」。どちらも伴奏パートです(時々主旋律吹きますが)。アイネクライネは吹きにくくても、出来なくても、主旋律と絡むと非常にきれいで楽しいのですが、ディズニーメドレーがねぇ・・・ちっとも楽しくない。どこ吹いてるのかさっぱり分からない状況です。しかもタンギングしながらだと吹けても、スラーになると途端に指がもつれちゃって。全部タンギングで吹いたらダメかしらん?(^^;)

それはさておき、本日のレッスンはこれらはお休みして、7月のクラス発表会の曲の練習。クラス発表会は「瞳を閉じて」と、「星に願いを」の伴奏をやります。「星に願い」は前にやったので今日は「瞳を閉じて」。
これは皆さんもよ~く知っている、映画「世界の中心で愛をさけぶ」の主題歌です。原曲はフラット4つですが、そんなのまだ吹けないのでF調に移調したので吹きます。
で、この譜面ですが平井堅さんの歌い方とちょっと違います。歌はちょっと溜めが入っている感じなんですねぇ。歌を知っているものだから歌と同じつもりで吹いたら
「そこちょっと違いますよ。格好良く吹いちゃダメですよ」
ありゃりゃ。意外なところに落とし穴が。
「あくまで譜面通りに吹いて下さいね」

でも歌を知っているのは強いですね。楽譜見てるとリズムが「?」のところでも吹けちゃうし。その辺はすごい楽です。
でも吹けるのと表現できるは違うので、ここから先は本当に練習しだいですね。ああ難しい。
とりあえず表現うんぬん抜きで吹くのはOKでした。

次回はイベント前の最後のレッスンになるので、イベント用の曲の練習中心でしょう。
しかし、ディズニーどうするよって感じですわ。ホンマにどうしよう(^^;;;)
2006.06.05 / Top↑
・・・へ、友人達の晴れ姿を見るために行ってきました(^^)

んもーー!
相変わらずクラスお揃いの衣装がかっこいいわ~~♪
もちろん曲も前回よりグレードアップしてるし。

ソロやる人はもうとんでもなくすごいって思います。
ノミの心臓の私には、発表会にソロで出るなんて想像出来ない(^^;)

皆さん今日はお疲れさま。
楽しい時間をありがとう。
私も頑張らなくっちゃ(^^)
2006.06.04 / Top↑
友人とお世話になっている某店で待ち合わせ。
(お金にならない客だわねぇ^^;)

元気そうな姿を久しぶりに見て・・・そして待ちに待ったニューフェイス!
ご機嫌なお子ちゃまに初めてお目もじ。
かわいい~~♪♪
大きくなったら楽器を習って、ママと合奏するんだよ~~とお子ちゃまに囁いておりました(笑)

その後笛子のCDを1枚購入。
帰りに書店に寄って、フルート用の映画とジブリアニメの曲集を各1冊ずつ購入。CD付きなので意外と高い・・・(汗)


でも、買うならお金のある前半だもんね!(笑)
2006.06.03 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。