上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
PC
すでにゴールデンウィークに突入した方もいらっしゃると思いますが、私はまだ仕事です。
1、2日も仕事のうえ、お仕事の予告までいただいちゃって、頼むから心安らかに休ませてくれよぅ・・・(涙)。

でも自宅は今日、待ちに待った光ケーブルの室内工事です。
申し込んでから早1か月超。長かったぁ。
ふふふ、これでさらに快適なネットライフの実現だ!

という訳で、メールアドレスが変更になります。
決まり次第連絡いたします>各位

ところで「ADSLがつながらない!」というのが今回の光への移行のきっかけになりましたが、このつながらなくなった原因がなんと電話のケーブルの老朽化。
うちのブロック全体、電話もインターネットも不通になってしまい、苦情が殺到したらしいです。
しっかりしてくれよNTT~!

ま、原因が分かっても電話代がすごく安くなるので、光ケーブルに変えるのはやめる気はさらさらなかったんですが(笑)
スポンサーサイト
2007.04.28 / Top↑
中国語のレッスンに行くと毎回宿題が出ます。
だいたいが作文(題材は自由)と、その課で習った単語・構文を使った文章を作るというものです。

で、この文章を作るのに毎回、笑いを取れないか?と考えてしまうのです(笑)

この前は「旗鼓相当」(互角の腕を持つ)を使って文章を作れと言われたので、考えたのが
「我爸爸和弟弟下象棋旗鼓相当,總之両個人都笨」(父と弟の将棋の腕前は互角だ。でもつまるところ2人ともへっぽこだ)
「旗鼓相当」を使えば何でもいい訳ですから前半の文だけでOKなのに、何故か後の妙な文を考えてしまいます。

あと「弟は「うちの娘が世界で一番可愛い!」というが、それは単なる親バカだ」とか。
ただしこれは親バカが説明的な文になってしまうので、ちょっと面白くなかったなぁ
(辞書にはあるのですが、老師曰く「これ使わないよっ!」でした^^;)

しかも気がつけば毎回そういうことやってます。
これはやはり関西の人間の性分なんですかね~~?


・・・最近は何だか妙な語彙が増えていっているような気が(^^;)
2007.04.24 / Top↑
昨天我去了練習笛子。
大部分是発表演奏会的曲。
可是我没有味道。
有味道・・・太難了!
sui然説的不難、但是做的太難了!



昨日は笛レッスン&発表会の合奏練習でした。
レッスンも発表会の曲の練習だったのですが、これがいやはや・・・(汗)

前に1度やっている曲なので譜面は飲み込めているのですが、それから先のことがとんでもなく難しいです。
「曲に味わいを持たせる」ということなんですが・・・あ、味わい?何それ?食べられるの?(汗)

楽曲的な表現はもちろんですが、中国的な修飾音なども必要になってきます。

楽曲的な表現は音の大小、はっきり出すべき音は出す(この音は絶対表現上必要!というのがあるのです)など。
ようは笛でいかに歌うか?ってことなのですが、これは一朝一夕にはいきません。もっと練習して「うねうね」しないとイカンなぁ。

修飾音(花音)はこの系統の楽器をやってらっしゃる方はよ~くご存知でしょうが、入れられれば間違いなく「中華風味付け」ができるものですね。
が、これも簡単にはいきません。
普通に吹くのがちゃんと出来ない人間が、無理やり入れようとすればどうなるか?
拍が伸び縮みして妙な音楽になりかねません。
しかも入れようと焦るあまり他の音を間違えたり。
むむむむむ。

これはしょうがないですよね~~。。
・・・私の発表会で吹く曲は、味付け無しだ!(爆)


いや、頑張ってはみますが・・・。
たぶん無理!!!(キッパリ)
2007.04.23 / Top↑
中国の武侠小説を原作とした映画に最近はまり気味です。
「グリーンデスティニー」、「HERO」、「LOVERS」は見ていたんですが(でもこれらは原作無しのオリジナルですよね、確か)、こんなにアクション物が面白いとはっ!
子供の頃にジャッキー・チェンの映画を見ても、普通に面白いといしか思わなかったのに。
不思議です。

が、大問題が。
こういうジャンルってレンタル店にはあまりないのです。
外国映画の大部分がハリウッド作品と韓流(笑)。
韓国作品以外のアジア作品は狭いスペースにちょこっとあるだけです。
この前見た「セブンソード」のテレビ版がとっても見たいのに、お店にはぜ~んぜんありません。
それどころか前には置いてあった作品ももう無かったりして。
韓流はメチャメチャたくさん置いてあるのにっっ!

こ、これは買うしかないのか?
いや、でも、そんなお金ないし。
あうあうあう(汗)
2007.04.20 / Top↑

あら、写真が横になっちゃってます(^^;)。

1年以上前に同学の友人から中国土産にもらった、ちびまるこの中国語版絵本です。
が、存在をすっかり忘れてました(をいをい)。
老師から「翻訳してみなさい」と言われていたのに(汗)。

これをくれた友人は転勤で泣く泣く転校していきましたが、元気でやってるかなぁ・・・。

ちなみにタイトルは「花輪的旅游故事」(花輪君の観光旅行物語?)。
中身は・・・スラスラとは読めません(^^;;;)
2007.04.19 / Top↑
最近工作有点忙。
不太進展・・・。
応激反応在我体内蓄積。

ここしばらく仕事がスムーズに進まず、いらんことばかりに振り回されてます。
で、ストレス溜まりまくりで、そのはけ口が「チョコレート」に行ってます。

・・・結果がウエストに出てエラいことになってます(^^;)。

やばい~!!!
ただでさえ無いウエストがっっ(汗)
2007.04.18 / Top↑
周末我有時間的話,看電影的DVD。
這個周末我看了中国電影的DVD‘七剣’。
听説這部電影的原作是‘七剣下天山’。
這是不是武侠小説?
我没听過・・・在日本能看?
誰知道ロ馬?


・・・ちう訳で誰か知りません?
面白かったのですが「都に行く」ってところで終わってて、中途半端みたいに思えたので。
できたら原作読んでみたいものです。

あ、でも翻訳したものじゃないダメですね。原文だとといつ読み終えるか分らないので(^^;)
2007.04.15 / Top↑
練習漢語的時候都老師出作業。
其中的一個是「作文」、題目自由。
但是我没有話題・・・因為我的頭脳不好。
我不能作文・・・(TOT)

上の文が正しいかは置いといて(^^;)

毎回中国語のレッスン時に老師に「作文を書いてらっしゃい!」と言われるのですが、今まで忙しかったりしてなかなか書きませんでした。
しかし、このままじゃダメだ~!と思い、何とか書くようにしたのですが、これがまぁ難しい!

そもそもボーッと生きているので話題が乏しい。この日記でも「日記」になっていないような状態だし。

今の私にとって中国語で文を作るのはとんでもなく至難の技ですが、それ以上にネタ探しが難しいとは思いもしなかったです(普段の自分を振り返って、そこに気が付かないのがそもそも問題なのかもしれませんが^^;)。

意外な所に落とし穴がドカーーンと開いてるもんですね。
人生、誤算の連続だぁ(汗)
2007.04.13 / Top↑
微妙に忙しい日々です。
何で「微妙」かって?
それは仕事が満タンじゃないのに、何故か?同じ時間帯に集中するからです。

しかも今日は「日本語の通じないおぢさん」と「なんちゃってデータしか作ってこない会社の仕事」が重なり、とうとうブチ切れて「●●の首絞めたるっっ」などと物騒な雄叫びをあげてしまいました。

あらいやだわ、上品で通してるのに(嘘)


しかしなんちゃってデータの会社、何とかして欲しいなぁ。
カラーのマシンで作ってるのにデータはモノクロ・・・おいおいおい!
(注:2色刷、3色刷の仕事です-_-;)

ありえーーん!!!
がうーーーっっっ!!!
2007.04.10 / Top↑
グループレッスン→個人レッスン の危機にさらされていた(笑)中国語ですが、教室側のはからいで、新しいお仲間とグループレッスンと相成りました。

うわ~~、多謝!

といっても新しい仲間と私の2人しかいないので、相変わらず「美味しいグループレッスン」です。
(グループレッスンは3人から)

へこたれてる場合じゃないぞ!自分!


それで「これは頑張らねば!」とばかり、以前使ったテキスト引っ張り出し、あまり覚えていないところを声に出して読むことにしました。
中国語通訳の草分け的存在、長沢信子さんが仰っていたのですが、どんな文章でも100回読めば間違いなく覚えられるんだそうです。
それでチャレンジしてみようと思ったのですが、

10回読んだところで
「・・・もうダメ・・・」
バタリ。

でございました。
まぁ、1度に読むのは到底無理だと分かってますが、100回とは・・・。

千里の道も一歩から。
ローマは一日にして成らず。

分かっちゃいるけど、難しいです。
2007.04.06 / Top↑
この前、ある作品の感想を聞いたところ、自分とまったく違う解釈だったのでちょっとびっくり&かなり新鮮でした。

う~ん、でも私、この人の様な解釈には絶対たどり着きません。
これが感性の差というもので、この違いが世の中を形作っているものの1つなのかなぁと思います。

でも少しばかり気になることが。
ネットで検索すれば様々な読書感想文が出てきますが、よく「コレがこうならなかったから、ちっとも面白くない!」というような文が多いように思えます。
自分の思い通りに展開しなかったら「面白くない」で片付けてしまっていいのでしょうか?
どうにも即物的な感想が多いように感じられるのです。

文章を読むということは、レポートや論文で無い限り、作者の著したいことを読みとることが必要です。
でもそれって、文字に全てが出ている訳ではありません。
「行間を読む」ことが必要のだなと思います。
そしてそれは想像力が必要です。

でも(私も含めて)、本当に想像力がきちんと身に付いているのだろうか?
想像力があれば、他人を傷つければ、(物理的、心理的を問わず)痛いと分かるだろうし、我が身に置き換えたらいったいどのように感じられるか容易に想像がつくのでは。

しかし大変忙しく、いろいろ大切なものを置き去り&忘れがちにする傾向がある現代社会。
このままではヤバいんじゃないかな~っと思います。


…な~んて色々えらそうに書いてますが(^^;)、やっぱり行間読むのは本当に難しいです!
もっと想像力(妄想力?!)を高めなきゃね♪
2007.04.05 / Top↑
月曜日はたいていフルートのレッスンがあるので帰宅がいつもより遅いのですが、昨日は何故かスイッチオン!状態。

帰宅してからコタツの上を片付けたり、部屋に転がっている本をせっせと分類したり。
なぜだぁ?
前の日の晩もあまり眠れなくて、疲れてるのに。

おかげで今日は寝不足です。
どよよ~んとしています。


しかし何でよりにもよって昨日「オン」になったんだろう?
現実逃避?
何から?

…フルートのレッスン?(爆)←こらこら!
2007.04.03 / Top↑
家のこたつの上に「NHK中国語会話」のテキストがあります。

…そーなんです。懲りないヤツなんです。
買ってしまいました。

去年は見てなかった&聴いてなかったんですがね~。
何で買っちゃうんだよ>ぢぶん。

始めた頃はテレビとラジオのテキストを両方とも買っていたのですが、ラジオの進み方があまりにも早く(とゆーか、あの速さはあり得ないよ…)、今回はテレビのだけ買ってきました。


さて、我が身のことなれど、いつまで続くのか?
さっぱり分かりません(^^;)
2007.04.02 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。