上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨夜はとっても涼しかった・・・というよりちょっと寒かった(^^;)
こんな天気で米作りはだいじょーぶなんだろうか???


今日は朝から右肩&関節あちこち、痛んでます。
左手はかなりよくなり、もう湿布はしていないのですが、今日は肘に響いている&指先ちょっとヘンな感じ、です。

むむむ、昨日涼しかったから?(というより寒かったぐらいなんですが^^;)
それとも昨日フルートのレッスンだったから?

そこまで考えてはたと気がつきました。
昨晩、書類を廃棄するために手動シュレッダーでゴリゴリやっていたのでした。

原因はこれかよ・・・。
でもこれであちこち痛むとは(汗)
年取ったなぁ(遠い目)
スポンサーサイト
2007.07.31 / Top↑
会社のエラいさんがお亡くなりになったので、本日告別式でした。

雲一つない炎天下(^^;)
参列者一同、マジで熱中症になりそうなくらい暑かったです。
夏の礼服はこたえますなぁ(服に塩吹きそうだ)。

動かずに立っているだけでこれだけ暑いんだもの、運動している人はそりゃ凄い暑いでしょうね~。
本当に熱中症には気をつけねば。



亡き人の魂が安らかでありますように。
2007.07.27 / Top↑
先々週から不調な左手。だいぶマシになりましたが、あともう一歩が治りません。
痛い時と痛くない時でちょっと波があるし。
やっぱり使わないことが一番なんですかね~?

でもちょこっと練習はしていますが(ちょこっとだけかいな^^;)、笛とフルート、続けざまにやると2つ目の練習でかなりバテバテ。音もカッスカスになってます。
指だけじゃなくて体力も問題かも。


ああ、でも発表会効果か、新しい楽譜が欲しい~!
フルートと笛子、両方とも欲しい~!

物欲暴走準備OKかも?!(汗)
2007.07.25 / Top↑
昨天西洋長笛的発表演奏会完了。
我太緊張了!
結果・・・比我想的好・・・?
明年我還努力。

昨日はフルートの発表会でした。
ランチ付発表会なのですが、管楽器なので演奏が終了するまで食べられず。空腹での演奏でした(力出ないよーー^^;)

レッスン時に演奏する曲を録音したら「・・・(冷汗)」になってしまった私たち。当日、お店の都合でリハが無いのでこれはヤバいと思い、カラオケボックスで練習してから行きました。
曲は「いつも何度でも」とニューシネマパラダイスの「愛のテーマ」だったのですが、結果は「練習に行っといて良かった~~~!!!」でした。
どちらも中音から始まるのですが、「いつも何度でも」が速いうえにオクターブ下の音が混じったりするのです。
これが練習の効果か、思ったよりいけました。
今までのレッスン時の練習より良かったんじゃなかろうか?(笑)

でもやはりかなり緊張したので、自然ビブラートになるんじゃないかと思うぐらい、ガクガク来てました。
やっぱり人前で吹くのは何度やっても緊張しますわ。
他の人の演奏もすごく良くて、とてもためになりました。皆さんお疲れ様です。

それと今回は他の意味でも、いろいろ体験させていただきました。
いやー、いろんな人がいるもんだわ・・・(謎)


演奏の後は美味しいイタリアンのランチでした。

あーーー!!!
しまった!
写真撮るの忘れた・・・(^^;)
2007.07.23 / Top↑
「その人は『さっそう』と登場した」のさっそうです。

最近、日曜日の夜は「平成教育委員会」を見ているのですが、番組の最後に最優秀生徒に海外留学(要するに海外旅行ね)に行けるかどうか?のテストが出ます。

これが漢字の書き取りなんですが、書けない。
ちゃんと読めるんですよ~!
でも問題として出題されると意外と書けません。
右半分とか上半分とか、パーツは思い浮かぶんですが、全体像が出てこない。
普段、変換ばかりで書くことないしなぁ。


それだけじゃなくて、この間は「愛媛」と書こうとして「愛」の字が出てきませんでした(汗)
う~ん、う~んと考えて、書いた字は簡体字(爆)
あああああ~~~~!!!

なので、最近はDSに漢字検定のソフトを入れて時々やってます。
目指せ1級!のつもりですが、まだ8級。
先は長いなぁ(^^;)
2007.07.20 / Top↑
先週から不調です。

始めは、朝起きたら薬指と小指が微妙に痺れてて、動かすと手首とひじに響く感じ。
「体の下敷きにでもして寝てたんかなぁ???」と思いましたが(実際そういうこと多いので^^;)、どうも違うような。

今は痺れてないですが、薬指を曲げると手首に来ます。
むぅ~、私何やったんだ?

これがよく聞く腱鞘炎?
いやでも、右利きなんだから右手なら分かるんだけどさ。
ペットボトル類は全部左手で開けるけど、使うのは親指と人差し指だしなーーー。


とりあえず湿布生活してます。
でも左手のネット包帯が暑い~~!!!
2007.07.19 / Top↑
健康診断でした。
またまた白い液体飲んで、気分悪~~!です(^^;)

どうも今朝は起きるタイミングが悪かったらしく、眠いし血圧も普段より低め。
倦怠感MAX状態です。


しか~し!それよりも今日の一番問題なのがっ!

「腹囲測定」

来年からじゃなかったのか?!
ゆ、油断してたわ・・・(滝汗)

メタボ危険数値ではありませんが、やっぱりもう少し締めたほうがいいよなぁ(汗)

来年は目指せ「すっきり腹」だ!(笑)
2007.07.18 / Top↑
出勤なので終業後は二胡レッスンへ。いつも終業後はすっ飛んで行くのですが、今日はゆっくり行きました(5分の遅刻)。まあ、たまにはいいよね。

この日のメインは「故郷情」という曲。きれいな曲ですが換把が多い。ついでにいうと小指もけっこう使うし、スラーの途中で休止符があったりして今までとはちょっと違う感じ(きっちり止めないと音が出てしまう)。
あと気がついたことは、D調外弦で高いソの音を薬指で弾き、その後同じ外弦のミへ滑音をかけて移動する時にどうしても移動しすぎてしまう。なんか低い外れた音が出てるよぅ・・・(-_-;)
低い方から上がるのは音階練習曲にもあるので割と慣れているのですが、逆は盲点でした。ううむ、練習しなきゃ。
あとやっぱり換把が多いので、ゆっくり弾いているにもかかわらず指が忙しい。でもちゃんと弾ければきれいな曲ですね。ガンバだ!p(^_^)q
2007.07.17 / Top↑

1年に一回の京劇鑑賞。今年は西遊記の火焔山です。

以前にも西遊記は見たのですが、劇団が違うと感じもちょっと違いますね。
前のは非常にアクロバティック。最初から最後まで疾走感いっぱいという感じだったのですが、今日のは緩い所は緩いって感じでした。
でもクライマックスはさすが。回転しまくりですねー(^^)


写真は舞台で使っていた火焔山の炎を表現する布の、色違いのものですです。
これを指先で皿回しのお皿のように回したり、はたまたブーメランのように投げたり(客席の方に投げても戻って来るのです)。

最後の役者さん勢揃いの挨拶時に客席に向かって布を投げたのですが、それが何と私の手元に来てしまいました(驚)
投げるポーズをした途端に、会場は皆さん手を挙げて「こっち!」状態。もちろん私もぼんやりと「こっち来たらいいなぁ~」とか思っていたのですが、私のやや右よりの方へ飛んだなぁと思っていたら、ギューーンと曲がって、気がついたら左手にありました。
い、今まで舞台から投げたものキャッチしたことなんかないぞ(汗)

この布、回したりしやすいように縁にはグルリと鎖が重しとして入っています。
指で皿回しのように回せるかやってみましたが、ちっとも回りません。ヨタヨタとしか回りません。

この布黄色なので友人が「良かったね~!黄色だし金運付くんじゃない?」と言ってくれました。
だとといいけどね~。
どっちかって言うと、私は今年の残りの運を全部使い果たしたような気がするんだけど・・・(^^;)
2007.07.16 / Top↑
笛子レッスンの後、友人Aさんと一緒に入院中の友人を見舞いに行きました。
入院中の友人は私の中国語学習の大先輩です。
今習っている教室も、その友人に教えてもらった教室です。

「なかなか中国語を話す機会がないのよ~」と言ってましたが、友はすごい努力家です。
思わず「爪の垢下さい!」と言いたくなるぐらいです(マジで!)

早く良くなって欲しいなぁ。


その後はAさんと別れて京都へ。煩悩仲間のOちゃんがコンサートに合唱団の一員として参加するので、その晴れ姿を拝みに行きました。

●プログラム●
序曲「フィンガルの洞窟」F.メンデルスゾーン
「木琴協奏曲<夏の雲走る>」林 光
「レクイエム」作品48 G・フォーレ

木琴協奏曲はマリンバの通崎睦美さんが演奏。合唱団はフォーレのレクイエムでした。

会場に時間ギリギリに着いて「や~れやれ!」と思って着席、演奏会が始まったのですが・・・

隣の人に問題アリ。

私の席は左サイドの3階席。つまり左の席の人が私より前方になるのですが、この人が困ったチャン。
座席の前半分に腰掛けたうえに、手すりの所まで身を乗り出して座っているのです。
私がオケを見ると右側のチェロの半分とコンバスしか見えんじゃないか!!!
左側のバイオリンとセンターの指揮者は全く見えません。
もちろん音楽を聴くのが主目的なんですから、オケが見えなくても差し支えないのかもしれません。
が、私はあんたの背中を見に来たんじゃないよっっ!!!
あんただけ見て私は見えなくても構わない訳?
私だけじゃなくて、私の右隣の人も見えづらいみたいだし(何度も手すりの所まで身を乗り出してました)。

1曲目がまるまるその状態だったので、いい加減ブチ切れて注意させてもらいました。
言うまで気がつかなかったようで座り直してはくれましたが、やはり前のめり。
気持ちは分るのですが、会場はあなただけのものではありません。
そんなに見たいだったら最前列に行って下さい。頼むから。

・・・怒ってたので1曲目の記憶が希薄だ・・・(涙)


レクイエムというと「宗教的なド迫力」って印象が強いのですが、「フォーレのレクイエムは押さえた感じ。
その押さえた中に荘厳さがググッと詰まってるように思います。
私にとって一番印象に残ったのは第5曲「神の子羊」。転調していくのが何とも言えない感じです。

友人Oちゃんが参加している合唱団は素晴らしかったです。きっと皆さんすごく練習頑張ったんだろうなぁ。
最後は思わず目ウルウルでした。


台風接近中で、電車が止まるんじゃないかとヒヤヒヤしながらの行動でしたが(しかも途中で携帯は電池切れだしT_T)、有意義な1日でした。
2007.07.16 / Top↑
今月はフルートの発表会と従来のレッスン予定日が重なったうえに、仲間とスケジュールが合わないので、一人でレッスンでした。

この日使ったのはC管。
まずは半音階の練習曲を1音8拍から始めて、最終的には1拍まで縮めて吹く、というのをやりましたが、筒音2だと相変わらず7♭の音がウロウロ。
オクターブ上下で右手の要不要があるのですが、それがもうぐっちゃぐちゃ。
躓くとまず復帰できません(汗)
当分継続して練習ですね・・・(というか、「これでOK!」なんて日は永遠に来ないような気がするんですが^^;)

本編(?)の曲練習は「粧台秋思」。
これは前回やったところはちょっとメロディーが飲み込めましたが、やはり楽譜見て音が自動的に流れる人間ではないので、まだやっていない所はちーーっとも飲み込めてません。
(曲を知らないわけではありません。しかし聴くと吹くでは大違い^^;)

しかも音の長さがやはり上手く取れないワタシ。頭抱えたくなるようなことがしばしばです。
この曲の練習に入ったので、参考に手持ちのCDに何曲か入っているので聴いてみたのですが、これがまぁ困りました。

「(今習ってる譜面のと)同じ曲に聴こえね~~~!!!」

楽器が違うとどうしてだか?同じ曲に聴こえない(汗)
移調してる?違う曲じゃないのか?(大汗)
なんじゃこりゃ?メロディー自体違うんじゃ?(滝汗)

てな具合でした。
いっそ打ち込みデータを作ってみようかと思ったのですが、お師匠曰く「その音の長さに捕われるからダメ」
・・・だそうです。
むぅ、前途多難だ。
2007.07.16 / Top↑
子どもの頃に読んだ本です。
あの頃読んだ本の中で、一番好きでした。

当時、収まりきらない本をダンボールに入れていたのですが(あまりに多すぎて本棚から溢れてました^^;)、何度何度ももダンボールから取り出しては読んでました。

しかしあれだけ好きだったにもかかわらず、作者名をまったく覚えていなかった私。
ネットで調べたら、北欧のニールセンという方の作品だそうです。
おお、ネット万歳♪

でも絶版になっちゃってるんですね。
再版してくれないもんかな~~。
2007.07.12 / Top↑
見てみたい!>作家の頭の中。

友人の兄上は作家さんです。
その友人と話をしているうちに「作家ってどうやって話を作っているのか?」という話題になりました。

自慢じゃないが、中学時代3年連続担任だった国語科教師をたいへん嘆かせていた私。
三者面談で「普通、これだけ本を読んでたらもうちょっと・・・なんやけどねぇ・・・」と言われました。

現在だったら質はともかく、量は言われただけそこそこ書けますが、当時は規定量も書けず、感想文等ではとんでもないことになっていました(^^;)

だから不思議です。
作家の方は毎回どのようにアイデアを考えついて、書いているのだろうか?
登場人物の行動をどうやって思いつくのだろうか?

頭の中を見られるんなら、ぜひ見てみたいものです。
2007.07.10 / Top↑
この前歩いていたら、両足が痛い。
ひゃあ!りょ、両方とも?
体重増えすぎだから?(大汗)

という訳で昨晩寝る前にストレッチをしてみました。
ま、ストレッチだけでは痩せませんが、少しでも体にいい事をと。

が、起きると体がイタイ、イタイ~~!!!
無理には伸ばしていないんですが、やはり普段やっていないから、体が鈍りきってるんですな。
こういうのも筋肉痛っていうのだろうか・・・。


が、痛いのイヤ~!ですでに3日坊主の予感。
超ヤバいです!(^^;)
2007.07.05 / Top↑

1月3日(水)


台北最終日。
12時半に迎えが来るので、それまで近場をブラッとすればいいや~と考えていたのですが、朝起きたら雨。
せっかくの最終日なのに、動きにくいなぁ


とりあえずチェックしていたホテル近くのお茶屋さんに行ってみました。
前回行った和昌茶荘はMRTに乗らないと行けないので、中途半端に時間を喰うとまずいなと思ったので、ホテル近くの峰圃茶荘に行きました。
ここは創業120年のお店だそうです。
開店後すぐぐらいの時間だったのですが、すでにお茶を買いに来ているお客さんもいらっしゃってました。
品数は和昌茶荘の方が多いなぁと思ったのですが、値段はリーズナブルなものから高級品までちゃんと揃っていて、買いやすくなっています。
お茶の試飲をする時に出してくださった「きのこチップ」(きのこを油で揚げたもの。カリカリでとても美味しい)がとても美味しく、父親がやたらと気に入ってしまいボリボリ食べていました。
とーちゃん!同行者は恥ずかしいんだから、もうちょっと加減してくれーーー(^^;;;)
ここでは凍頂ウーロン茶とプーアール茶を買いました。


お店を出た後は台鉄台北駅方面へ。地下街を見たり駅を見たり。私は駅周辺の散策を考えていたのですが、こう雨が降ってるとままなりません。傘の開け閉めだけでもけっこう疲れます。
台鉄の駅を見ていると父が「えらく人が少ないけど、いつもこんなんなのか?」
いや、そんなの私に聞かれても(^^;)。
でも前回友人達と来た時も最終日はこのあたりでウロウロしていたのですが、似たような感じだったなぁ。もっとも台鉄はMRTに比べると長距離の列車が多いと思うので(掲示板を見ると特急の表示が多い)、生活に密着しているMRTとは利用のしかたが違うのかも。
しかし本当に大きな駅ですよね。人少なくてガラーンとしてるけど。
日本で国鉄は今のJRだけど、主要駅は人も多いし、土産物屋や飲食店などいっぱいあるし。かなり感じが違いますね。


駅から出た後は地下街のコンビニでお茶を買い、ホテルの地下にある食品&レストラン街(が、この時間はまだレストランは開店前)に日本系のパン屋「パスコ」があったのでそこで昼食用のパンを買い、ホテルに戻りました。
しかしこのパスコ、日本では敷島製パンのブランドですが、こちらでは「岩島成PASCO」(?)になってます。何で名前違うんだろう?
12時半出発なので、部屋で早めにパンのお昼ご飯を食べ、ホテルを出発しました。


ホテルを出た後は免税店で買い物&両替。うちの両親はここでも梅の砂糖漬け菓子を買ってました。そんなに気に入ったのかよ、とーちゃん、かーちゃん(^^;)
日本円への両替は前回来たときは「3万まで」とか言っていたのに、今回は制限なし。ほぼ持っていたお金を日本円に換えました(が、後で空港でお茶を飲もうとして、ニュー台湾ドルが必要なのに気がついた。あうう)。


桃園国際空港(中正国際空港から名称変更)、前に比べると格段にきれいになっているように思えます。
前回来たときは搭乗口付近まで行ってしまうとお店も何も無かったのに、お店が増えてすぐ待合のすぐ横にも免税店がギッシリです。
時間があるのであちこち見てましたが、広すぎて全体像がよく分からないや(^^;)


帰りの機内では、ちょうど真中の列のだったので外を見ることもできないので、私は「上海」に熱中していました。が、この帰りの席のコントローラー、壊れかけ?なのか押してもなかなか反応しません。
せっかくの大好きな「上海」なのにさ~~~。
機内食はJAAオリジナル和風アントレ。けどメインよりチョコレートウォルナッツムースが一番美味しかった(笑)


自宅には午後10時過ぎ到着。
は~~、明日まで正月休みで助かった(^^)
2007.07.03 / Top↑



1月2日(火)


今日は1日フリーです。同じツアーに参加の人はオプションのツアーを組み込んでいる人が多く(でもスケジュールを聞いたらかなりびっちり^^;)、皆さんフル活動で元気ですね。
私達は今日はダルダルフリータイム(笑)


まずはMRTに乗って台北101へ。海外初の母に比べると父はけっこう海外慣れしてますが、外国で地下鉄に乗る機会もなかなかないので、こういうのも良いんじゃないかと思ったのです。観光バスから見ているだけだと分からない、街の空気や人の様子がよく分かりますものね。
が、このMRTのエスカレーターってスピードが速い!速すぎる!
駅から地上に上がるエスカレーターはそうでもないのですが、構内のがとんでもなく速い。
「お年よりはエレベーターを使ってください」というポスターまで貼ってます(マジです)。
日本はどこに行ってもエスカレーターはほぼ同じスピードなので、こんなん考えられへんわ~!と思いながら乗ってました。
母も「とりあえずちゃんと乗れるけどコワいわ~!こんなん日本やったらあり得へん!」と言ってました。


101へ行くには最寄駅はMRT市政府なのだけれど、そこから少し離れています。どうするかな?と思ったけど、地上に上がって上を見上げたらそう遠くなさそうに見えます(というか、あそこまで高いとどこからでもよく見える)。えっちらおっちら歩くことにしました。
歩いていると三越が見えてきましたが・・・いったいいくつあるんだ?ここの三越。地図で見てるときは「ああ、三越があるのねぇ。目印になっていいか~」などと思っていたのですが、三越の建物だけでいくつもあります。そんなに売れているのか、三越?!(ガイドさんが「三越はすごく売れてますよ!」と言っていたが本当なのね・・・日本、というか大阪じゃイマイチなんだけど^^;)
同じ方向に歩いている人がたくさんいるので、たぶんこの人たちも101に行くんだろうなぁ。


101に到着して中に入って案内板を見ると、どうやら展望台への入り口は5階にあるらしい。下がデパート(というかショッピングモール?)になっているようなので、周りを眺めながらエスカレーターで登って行くことにしました。
5階に着くと、どうやらそこは金融関係のオフィスらしく銀行などが並んでます。うにゃー?ここに展望台の入り口があるの?とキョロキョロ見回すと、ありました、展望台の入り口が。
チケット売り場でチケットを購入して(大人350元)エレベーターの方へ行こうとしたら、「あれ、ガイドさん?」
昨日までのガイドさんが、他のツアー客を引き連れて降りてきたところでした。
「おお~!私もうお客さん連れて登ってきたのよ~!これから上がるの?」
今降りてきたってことは、かなり朝早くから来てらっしゃるんですね(^^;)。お疲れ様です。


5階から89階の展望台までは約37秒で登ります。このエレベーターは日本の東芝製。へえ~!
上に着いてから休憩がてら喫茶コーナーでコーヒーを飲んでから(よく考えれば世界一高い喫茶コーナーじゃないか?)、まわりを眺めました。
下を見ると・・・ビルが豆粒!車が点々です!低い山が足下にある。ひええええ!高所恐怖症じゃなくても足がザワザワ来る感じです。


91階の屋外展望台へは別料金100元が必要ですが、ここまで来たんだ!全部見ちゃえ!ってことで100元払って91階へ。この91階には「世界で一番高い所にあるトイレ」があります。別に外の風景は見えないんだけどね(笑)。
でも外に出ると風がすごく強くて、長居はできませんでした。ああ、100元・・・(^^;)


展望台から降りてくるとお昼をもうとっくに過ぎています。どっかでご飯食べなきゃ。
レストランフロアを見たけど、両親はいまいちピンとこないらしい。さてどうしようかな?と思ってフロアガイドを見ていると、地下1階にフードコートがありました。ガイドブックには台北1広いフードコートと書いてあるし。ほほぅ、これは行ってみなくては♪
で、フードコートに行ってみると・・・広~い!料理の種類もたくさんありますね~!
あまりに多すぎて何が何やら分からんぞ(汗)
フロアをウロついて、結局、父親はお肉の入った麺類(名前忘れた)、私と母親は「草包店」の魚の定食(草を編んで作った小さな籠におこわが入ってる、福州料理だそうです)を食べました。
が、この魚の揚げ物(揚げ物と思ったんだけど・・・はて?)何の魚だろう?白身の魚だってことは分かるんだけど。しかも揚げ衣がやたらと赤い何つけて揚げてるんだろう?(^^;)
(後日調べたら紅糟という、紅麹に米を加えて発酵させた調味料のようです)。
お値段安し、味はまあまあってところでしょうか。


ところで日本のスーパー等にあるフードコートは大半がセルフサービス、食後も自分で所定の位置に自分持って行って片付けますが、ここ台北のフードコートは片付け担当の人が居ます。食後に置いたままにしておくとササッと片付けに来ます。
うーん、でも完全セルフサービスの方が人件費節約になるんじゃないのかなぁ?むむむ?


食後は市政府駅にダラダラ戻って、台北駅で乗り換えて台北醫院駅で下車。二二八和平公園を通って総統府へ。
1日目に前を通ったのですが、その時は晩だったのですごい電飾キラキラ状態。日本の建物をライトアップ、という感覚とはずいぶん違います。こちらのはかなり派手です。
赤レンガと白石のコントラストが美しい、ルネッサンス様式の建物です。前をうろうろして写真スポットを捜していたのですが、あまり近づくと衛兵が居るので何だかコワい(いや、何も悪いことはしてなんですがねー^^;)。
平日の午前中だと館内の見学が出来るそうなので、機会があったら見学してみたいものです。


次は二二八公園の中を抜けて東へ移動して中華工芸館へ。・・・あれれ、地図に載ってる道がないよ~!よく分からないよ~!あれれれれ???
という訳で道を間違え?遠回りしてえっちらおっちら歩き、中華工芸館へ。
ここは公営で値段も適正ってことらしいのですが・・・人少なっ(^^;)
あんまり人が少ないと商品見づらいんじゃないのかな?と思ったのですが、まったく「あれ買え、これ買え」攻撃はなく(というか、無さすぎて心配になってきます。ちゃんと売れてるのかな・・・とか)、のんびり見ることができました。
ここには翡翠等を使った伝統工芸品からちょっとチープなものまで、いろいろな種類がありました。


この後はホテルに戻り荷物を置いてちょっと休憩。
休憩後はお土産用にパイナップルケーキを買いに台北三越へ。
パイナップルケーキにつまみ系菓子などいろいろ買い込んでいたらかなり重くなってしまいました。毎度のことながら、我が家の旅行のお土産は食べ物が一番のウエイトを占めています。それも人へのお土産の分だけじゃなくて、我が家で消費するのがかなり多いのです。やっぱりかなり、いやしんぼう&食いしん坊だなぁ。


夕食は三越の地下のフードコートにて(フードコート連チャン^^;)。日式オムライスの海老というのをを食べましたが、中のご飯が白い。オムライスってチキンライスじゃなかったのか?
どうやら他には牛肉とかもあるので、卵の中は白いご飯、外に色々な種類の具を使ったソースがかかっているようです。
海老は赤いトマトソースっぽいですが、味は甘めです。マヨネーズも甘めだし、台湾の人は甘めの味付けが好きなのかな?
値段は日本円にすると約500円で、量はかなりありました。
2007.07.03 / Top↑



1日目をアップしたのは1月。ひええ。
ようやく続きが書けました。
でも後で見たらまた改編するかもしれないけど。

台北1日目
(これも写真アップしました)


**************************

1月1日(月)


台北2日目。今日は朝から晩まで1日フルに行動です。体力保つかなぁ(^^;)
朝ご飯はどこでもそうですが、ホテルのバイキング。しかし中華粥がとっても美味しい。いつも旅行では朝はパンを食べているのですが、こりゃあパンなんか目じゃないぞ!(結局最終日まで中華粥を朝ご飯に食べ続けました)


朝の8時半に迎えに来て下さって出発。朝からガイドさんはやたら元気。
「昨日は皆さん、101の花火は見なかったんですか~?」
そういや、そんなこと言ってたなぁ。
「ワタシは見に行ったんですが、帰りにタクシーがつかまらなくて、家の近くまで歩いたら着いたのが3時でしたよ!」
・・・行かなくてよかったよ(^^;)
結局、この光景は晩にテレビのニュースで見ました(NHKの衛星放送でやってました)。


まずは忠烈祠に向かいます。
ここは辛亥革命(中華民国開国革命といわれる)や抗日戦争などで国のために亡くなった約33万人の霊を祭っているそうです。
営業時間前に到着したのですが、門前は人・人・人。黒山の人だかりです。1時間に1度、警備の衛兵が交代するのでそれを見物するのです。
銃を上げ下げしたり回したり、型を行いながら大殿へと向かって行くのですが、これが意外と時間がかかります。だいたい20分ぐらいかかるようです。
ここの衛兵に選ばれるとエリート中のエリートらしいのです、選ばれるとやはり大変だそうで、ちょっと複雑らしいです(本当か?^^;)
しかしすごい人なので、よく見えません(汗)。ああ、何だか疲れるわぁ。


次は中正紀念公園(2007年5月に「台湾民主紀念館」と名称変更したそうです)。
相変わらずデカっ!て感じですね~。前回来たときはあまりよく見なかったので、今回は初観光みたいなものです。
中央に立つ中正紀念堂は蒋介石の偉業を記念してのものだそうです・・・実はガイドさんに聞いて初めて知ったのですが「国民感情としてはとても複雑」なんだとか。
「蒋介石に付いてきていい思いをした人には良いんだろうけど、私は要りません。嫌いです」とはっきりそう仰ってました。歴史的なこともかいつまんで解説してくださいました。・・・むぅ、これ本当に複雑だわ。自分だったらどうだろうなぁ。
忠烈祠は衛兵がいるので有名ですが、ここ中正紀念堂内にも衛兵がいます。きっちり不動で立ってます。ちょっとつつきたくなる気がしないでもないなぁ(こらこら!)。


さてお次は故宮博物院。
故宮博物院は北京と台北にありますが、中身はほとんど台北にあります。蒋介石が大陸から移って来る時に、ほとんどの物をきちんと梱包して持ってきたのだそうです。敵に迫られつつよくやるなぁと思います。
もうまもなく(2月)完全リニューアルオープンということですが、かなりきれいでした。
ツアーで時間制限があるので、まずはガイドさんについて、これは絶対はずしちゃいけないもの「肉形石」(豚肉)と「翠玉白菜」(コオロギ付白菜)を見て、その後自由行動となりました。
よく、ちゃんと見ようと思ったら1日かかる、いや1日かかっても見終らないなどと言われますが、まさにその通り。1番人気の豚肉、白菜以外にも「おおお~!!」という物が山ほどあります。どうやって作ったんだろう?と想像すると気が遠くなるような物が他にもいっぱいです。
ゆっくり見たかったらフリーでまる1日使って見に来るのが1番よさそうですね。
ざざっと見た後は地下1階のミュージアムショップへ。すごくきれいで見やすそうな感じです。
私も両親もここで携帯ストラップを買いました。でも白菜のは小さすぎてコオロギが分かりづらいや。


お昼は小籠包で有名な鼎泰豊。すごく有名なお店なのでどんな感じのお店なのかな?と思っていたら、案外小さい(笑)
でもお店の前は黒山の人だかり。観光バスも前に停まってどんどん人が降りてくるし。団体さんだけじゃなくて個人で来て待っている人もいるようです。でもすごい待ち時間だろうな。
私達はツアー客なので、しばらく待ってから入りましたが、個人だと来たくないかも(^^;)
食べたものは蒸篭蒸し4種類とチャーハン。お店の看板料理となっている小籠包は熱々、はふはふ~です。
うおぉ!口の中が火傷しそう!
最後の方に出てきたチャーハンが結構美味しかったのですが、いかんせん蒸篭蒸しの後では無理です!
お腹いっぱいだよ~~!!!


お次は行天宮。
交差点に横断歩道が無いので地下道を通って行くと、占い横丁があります。へ~、こんなところにあったんだ。
ガイドさんに占いしてもらったら?と言われたけど、時間的に微妙なのと「何か言われたらコワい」ので辞退(笑)。こういうのは友人同士で来た時にお願いするのが楽しそうな気がするしね。
行天宮に行くために地下道から上がっていくと、何だぁ?花?お菓子?何?モノがいっぱい。
お供えをおばさん達が売っているのですが、これがすごいパワー。見るからに観光客の私達にも声がかかります。
お供えを買って入ってもよかったのですが、今回は見るのみなので(祈祷を受けてもらってもいいですよと言われたのですが、パスしました)、そのまま入りました。
中はとても鮮やかな色使いで、日本の神社とはかなり違いますね。日本の神社にも朱色は使われていますが、こちらはもっと派手です。飾り自体えらく派手です。
商売繁盛がメインの宮だそうで、宮に奉仕している人たちは皆さん青い服を着ています。いや~、あれちょっと着てみたいわ(笑)


いったん両替・休憩等も兼ねて物産店へ。
やっぱりビルの地下にありますが、他のツアーの人たちも来ていてかなり人が多かったです。両親は前日の九イ分で気に入った梅のお菓子と同じものを捜していましたが見つからず。う~ん、ポピュラーじゃないのかね?
もう買うものもないし、集合時間が近づいて来たので出口を出たところで皆を待っていたら、少しびっくりしたことが。
上のアパートから大量に水が降ってきたのです(どうやらバケツの水を上から捨てたようです)。
幸い、出口付近はシートの屋根があったのでお客は誰も濡れずにすみましたが、普通、自分がベランダで使った水を下に捨てますか?!
しかも下はお店が入っていて、お客さんがたくさん居るんです。日本じゃまずあり得ない事です。
観光客の衣服が濡れてもめ事になったらどうするつもりなんでしょう?(単に考えてないという気もしますが^^;)


次は若者の町、西門町へ。
ここでは泡沫紅茶を飲んでから各自自由行動です。
街角のビルに大型スクリーンがあって映画の予告を流しているのですが、字幕が中国語ではっきりとは解らないなぁ。何の映画だろう???(これ、後になって解りましたが、アメリカ映画の「ナイトミュージアム」でした。日本より予告がかなり早いということは、公開も早いのだろうか?「バベル」の大きな広告も出てたし)
若者の街というだけあって売ってるもの何もかもが「若っ!」(笑)という感じなので、中年&老年トリオにはあまり用事がないのでした。
中国風雑貨なら興味はあるんだけど、あまり見かけなかったなーー。
売っている洋服やアクセサリーは日本と大差ない感じでした。


次は迪化街。
古い問屋街で、漢方薬、乾物などを扱うお店ががずら~~っと並んでいます。
「これは何っっ???」というものから見慣れたドライマンゴー等まで色とりどり。
ちょっと買いたいかな?とうのもあったけど、早足で駆け抜けてしまいました。じっくり見るにはけっこう時間が要りそうです。

そろそろお腹が空いてきた感じですが、その前に台湾が本場の足裏マッサージです。よくテレビで芸能人が「グワーーーッッ」とか悶えているアレです。アレですよ。
・・・私ものたうち回って絶叫してたらどうしよう(汗)
一抹の不安を抱えたまま案内され、まずは足を洗うと空席に案内されます。するとマッサージ師の人がやって来てマッサージが始まるのですが・・・これが意外と気持ち良い~~。
回りでは結構「痛っ!」とか言っているのが聞こえますが(といってもテレビみたいにのたうち回っている人はいません)、私はそうでもない感じです。「痛気持ち良い」って感じでしょうか。
が、やはり痛いところがありました。それは婦人科系と頭(?!)。婦人科系は冷え性なのでおそらく言われるだろうとは思っていたのですが、頭って何よ~?悪いってこと?足裏は正直ってこと?(^^;)
面白いのは左と右で痛いところが違うということ。ということは婦人科系だとたとえば片方の卵巣が調子がイマイチってことになるんでしょうか?頭は左足だけだったし・・・脳みそ片っぽ悪いのか???(左右に分かれてるしなぁ^^;;;)
マッサージの途中で高い漢方薬を要らないか?と言われましたが「試食?」と尋ねたら「違う。買うの」と言われたのでお断りしました。効果も分からんのに買えませんがな(とゆーか、もう少し買いやすいお試しサイズ&お値段を設定してちょーだいな^^;)


この後免税店へ。1日目とは違う店です。
でもさー、こういうのって、いつもちょっと人の少ない(観光客はいっぱいだけど)、へんぴな所にあるような気がするんだけど。なんで?


ようやく晩ご飯。フカヒレのスープをメインにしたコースです♪
パラパラしたフカヒレが入ったスープなら食べたことあるけど、今日のは繋がってます。よくテレビとかで見る半円形にビロ~ンと繋がった状態です。おお、こんなのリアルに見たのは初めてだ(笑)。
スープがものすごく熱くて食べるのに苦労しましたが、とっても美味しかったです。
日本で同じものを食べるとかなりの額になるだろうなぁ。


夕食後は銀河街夜市へ。が、フカヒレでお腹いっぱいで何も食べられなさそう・・・。
通りに入る前にガイドさんに「皆さん臭豆腐は大丈夫ですか?」と聞かれました。確かにあれ、すごい匂いです。お店に近づくと分かりますものね。「どうしてもあの匂いがダメで夜市に入れないお客さんいるんですよ」・・・分かる気はするなぁ。
通りに入ると雑貨屋食べ物やさんがぎっしり。食べてみたいものがいろいろあるんだけど、ううう、この胃袋満杯状態ではとうてい何も買えないよ~~~!!!
歩いているとふと気になったのが「大阪焼き」。1つじゃなくてあちこちにあります。お店によっては「元祖」などと書いてあります。なんじゃこりゃ?と思って覗き込むと・・・お好み焼き?あれ、でも枠に嵌まってる?
どうやら金枠(というのか?)に嵌め込んで焼いたお好み焼きみたいです。うわー、どんな味するんだろう?マヨネーズかかってるのかな?(台湾のマヨネーズは甘いです)食べてみたい。しかし胃袋パンパン・・・。
後ろ髪ひかれつつ、たらたら通り抜けて終わりでした。


ホテルに戻ったらクタクタでした。長い1日だったなぁ。
いずれお腹すかしてリベンジするぞ!!!
2007.07.03 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。