上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「関口知宏の中国鉄道大紀行 秋の旅」

「秋の旅 ハイライト」
11月30日(金) 総合 22:00~23:28

「春の旅・決定版」
12月9日(日)~12日(水) BShi 19:00~20:50ほか

「秋の旅・決定版」
12月17日(月)~20日(木) BShi 20:00~21:50

だそうです。
詳細はNHKサイトへ。

仕事が忙しい時期なので明日は録画だー。

******************************

印刷会社にとってのシーズン、忙しい時期がやってきました。
時期なんてあるの?って言われそうですが、夏場はオフ、冬場はオンです。

月・火曜日は用事のため定時で上がらせてもらったので、残りがんばらなきゃ(あんまり頑張りたくないが^^;)。
スポンサーサイト
2007.11.29 / Top↑
末端冷え性なワタクシ。
毎年冬は電気あんかを入れて寝るのですが、こやつが弱にしてるともの足りん(ぬるい)、中にしてると布団の中で動いたはずみで目盛りが動いてしまう。はたまた強にすると熱くて蹴り飛ばしてしまいます(ひどい時は床に落ちてる)。

そこで、昨今じわじわとブームになってる? 湯たんぽを買ってみました。
最近の湯たんぽは昔のと違ってお湯は入れず、電子レンジでチン!なのです。
おお~! 便利だ!
しかも温もりが7時間継続するなんて♪

早めに布団の中に入れておけば、じんわりちょうどいい温かさ。朝になっても蹴り飛ばしていなくて、ちゃんと定位置にいます。

くぅ~~!!! この冬一番のええ買い物かも♪
2007.11.27 / Top↑
世の中三連休~♪といわれてますが、私は仕事です。
ま、今日はまた~りと仕事するからいいんですけどね(^^;)

で、朝からえっさほいさと出勤していたのですが、駅に行く途中、車と接触。
私は自転車乗っていたのですがあまりスピードも出していなくて、とっさにブレーキかけたので右足をペダルで打ったのと、お尻をサドルで打った(笑)だけですみました。(これ書いている今もピンピンしてますし、普通にスタスタ歩いてますよ~)

バス道の横に、側道のように分かれて入っていく一方通行の道があるのですが(自転車は除く)、これを出たところで横から出てきた車にやられました。
普通この道に入ってくる車は、バス道から道なりに沿って入ってくるのですが・・・どうやら反対車線から無理やり入ってきたみたいです。土曜で人が少なくて油断したんでしょうかね~。

で、通常入ってはいけない入り方をしたところ、私と出くわした訳です。
大きなケガしなくて良かったけど、朝っぱらからかなり驚きました。


先日、弟が運転中、赤信号で停車しているときに後ろから突っ込まれたし、姉弟揃って何かついてないのかな?

でもモノは考えよう。
大ケガしなくてラッキーだったんだよねぇ、たぶん。
2007.11.24 / Top↑
出だしは半音階の練習曲と1オクターブ上がる練習曲でウォーミングアップ。
やっぱり1オクターブいきなり上がるのは難しいです。スラー付いてなかったら割と簡単ですが、滑らかに下の音が混じらないように吹くのは大変。
この後は「ちょっと高い音やってみましょうか」ということで高音を吹いてみました。次のコース・アドバンスでは高音のソまで出てくるらしいので、ちょっとばかり予行演習ということでしょうか。
高音のソは思ったより簡単ですが、意外に難しいのがファ。何か出にくい?
「前に壁を感じると思いますが、吹いてみて下さい」
で、出ない~~(^^;)
マジで壁があるみたいです。きれいに出ません。
ま、これらの音は次のコースで徐々に出てくるはずなので、今から焦ってもしょうがないか。

この後は「アルフィー」。はっはっはっ、あんまり練習してないぞ(汗)
一度さらっと吹いてみると、やっぱり音の長さを把握してないよな>ぢぶん。
半拍休んで裏で入ったりするので(苦手だー)、いつもそのあたりで間違えます。で、次こそは!と思って吹くと今度は緊張で硬くなり、また間違えるという状態。
「今日は後で出だしの部分を1人ずつで吹いてもらいましょうか。いつも一緒だからたまにはいいでしょう♪」
・・・まだ音の長さを把握してないよ! ひぃあああ~~!(汗)

結果。とりあえずは何とかなりました。後半に比べると、出だしの部分はボロが出にくい部分だったってのもありますが。

実は前回のレッスン時から、自分の構え方を再点検しています。(フルートの支え方は3点支法と言われていますが、実は4点だと言う人もいて賛否両論状態だと聞いたことがあります)
どちらにせよ、指使いが慣れない曲になるとついしっかり支えるのを忘れがちになり、ブレ気味になって音が悪くなるし指の自由度が下がるので、しっかりとやり直そうと思いました。まだ時々アタマからふっ飛んでますがそのうち出来るようになる・・・かな?(^^;)

次回からビゼーの「セレナーデ」。
学生時代に歌付きで習ったなぁ。


*****************************


コメントのお返事遅れてます。すいません!
明日ぐらいには書けるかな?です(^^;;;)
2007.11.22 / Top↑
出だしは半音階の練習曲と1オクターブ上がる練習曲でウォーミングアップ。
やっぱり1オクターブいきなり上がるのは難しいです。スラー付いてなかったら割と簡単ですが、滑らかに下の音が混じらないように吹くのは大変。
この後は「ちょっと高い音やってみましょうか」ということで高音を吹いてみました。次のコース・アドバンスでは高音のソまで出てくるらしいので、ちょっとばかり予行演習ということでしょうか。
高音のソは思ったより簡単ですが、意外に難しいのがファ。何か出にくい?
「前に壁を感じると思いますが、吹いてみて下さい」
で、出ない~~(^^;)
マジで壁があるみたいです。きれいに出ません。
ま、これらの音は次のコースで徐々に出てくるはずなので、今から焦ってもしょうがないか。

この後は「アルフィー」。はっはっはっ、あんまり練習してないぞ(汗)
一度さらっと吹いてみると、やっぱり音の長さを把握してないよな>ぢぶん。
半拍休んで裏で入ったりするので(苦手だー)、いつもそのあたりで間違えます。で、次こそは!と思って吹くと今度は緊張で硬くなり、また間違えるという状態。
「今日は後で出だしの部分を1人ずつで吹いてもらいましょうか。いつも一緒だからたまにはいいでしょう♪」
・・・まだ音の長さを把握してないよ! ひぃあああ~~!(汗)

結果。とりあえずは何とかなりました。後半に比べると、出だしの部分はボロが出にくい部分だったってのもありますが。

実は前回のレッスン時から、自分の構え方を再点検しています。(フルートの支え方は3点支法と言われていますが、実は4点だと言う人もいて賛否両論状態だと聞いたことがあります)
どちらにせよ、指使いが慣れない曲になるとついしっかり支えるのを忘れがちになり、ブレ気味になって音が悪くなるし指の自由度が下がるので、しっかりとやり直そうと思いました。まだ時々アタマからふっ飛んでますがそのうち出来るようになる・・・かな?(^^;)

次回からビゼーの「セレナーデ」。
学生時代に歌付きで習ったなぁ。
2007.11.19 / Top↑
11月18日(日)
誕生日。しかし家族はすっかり忘れてます。ま~いいけどね(^^;)

がっ! この日の目覚めはものすごい腰痛と共にやってきました。
10時ごろ目が覚めたのですが、身動きするのも一苦労なほどの腰痛。何とか体の向きを変えてまた寝ました(寝るなって^^;;;)
次に起きるとお昼前でした。とりあえずちょっと動けるようになってたので、ズルズルと起きました。

原因不明で腰痛になったら困りモノですが(というか、病気が隠れていたりするのでアブナイ)、原因は昨日の出力機の洗浄。
月1回洗うのですが、これのローラーが少~し重いのです。それを中腰になって30分以上洗ってたんだから、無理もないか・・・。
でも寝る前はまったく痛くないので、こんなことになるとは夢にも思いません。なので湿布も何もしないで寝ちゃうし。

お陰で超ダラダラな休日になってしまいました。
まあ、お陰でちょっと録画してたの見られたからいいか。
(おベンキョはっ?! 練習はっ?!)

ちなみに昨日「私のお誕生日用♪」と言って買ってきたプチシュークリームは、父に食べられてしまいました。
昨日にちょびっと食べてたから少しはマシだけど、おやじめ・・・(怒)

晩は私のリクエストで回転寿司を食べに行きました。
お値段均一ではなくていろいろあるお店です。私は4~5皿しか食べないので高いお皿狙い!(笑)


******************************


誕生日にメッセージ下さった方、ありがとうございました。
今週バタバタしてそうなので返事、ちょっと遅くなりそうです。すみません。
今後ともよろしくお願いしま~す♪
2007.11.19 / Top↑
仕事ネタ。
ええ、本日もお仕事です(T_T)
いつもよりはま~ったり仕事してますけど。


昨日はプリンターの定着機ユニットに用紙が絡まり、まったく取れなくなってしまいました。
しょうがないので朝一番にメーカーに持ち込んだら、交換とあいなりました。

でもこれ、ちょっと前にも用紙が絡んで修理を頼んだんだよね。
ちなみに修理を頼むと出張費3万(!)。
・・・日本で一番高いのは人件費ですねぇ。

今週は特色2色刷データのオーバープリント設定に振り回され、かなり疲れました。
オーバープリントが複雑怪奇な様相になってたので、死にそうな気分でした。
こんなことなら、普通の4色刷の方がよっぽどマシだい!

明日はようやく休み。
好きなことを好きなだけするんだ~~!!!
2007.11.17 / Top↑
このタイトルをみてニヤリとした人はお仲間でしょうか(笑)
はい! アニメにもなっている「もやしもん」です。

以前、「のだめカンタービレ」とコラボレーションして話題になっていたので名前は知っていたのですが、この前初めてアニメを見たら「ひゃ~! おもしろい!」と一気に読みたい漫画ナンバー1になったのでした。

んで1巻を買ってみたら・・・やっぱりおもしろい!
作品自体はコメディなんですが、テーマは真面目で深いですね。

作中に様々な菌や発酵食品が出てくるのですが、世界で2番目に臭いと言われている、韓国のエイの発酵食品「ホンオ・フェ」、いったいどんな臭いなんだろう?! ちょっと嗅いでみたい気がしない訳でもないけど、かなりコワそう。
(2番目と言うからには1番目がある訳で・・・1番は北欧のあの缶詰ですかねぇ?^^;)
以前、初めて臭豆腐の臭いをかいだ時は「これは食べ物か?!」と思いましたが、あんなのはまだまだ序の口レベルなんでしょうな。発酵食品ワールド、奥が深すぎます。

また菌の世界もすごそうです。日本酒の麹菌が他の菌に弱いというのは、この本を読んで初めて知りました。そういや酒蔵見学に行く場合は1~2日前からヨーグルト、納豆の摂取を控えてなくてはいけないと聞いたなぁ(納豆菌って最強らしいです。他の菌を駆逐しちゃうとか)。


この作品を読んでると、どぶろくを作ってみたくなりそうです・・・いかんいかん(^◇^;)
2007.11.16 / Top↑
10分ほど遅刻したので、遅れてスタート。寝不足だったのでアリ●ミンをぐいっと飲んでから聊聊天儿から開始。今回はこの前行ったリーガロイヤルホテルの文化講座「中国少数民族・音楽紀行」をネタにしました。
といっても流暢にしゃべれないので、老師に単語等いろいろ補足してもらいながらですが。ここでようやく中阮の「阮」の字の発音が分かりました♪(調べとけよ~^^;)
レッスン仲間に「どうして中国音楽が好きなの?」と聞かれましたが、最近そういうこともあまり尋ねられなくなっていたので、ちょっと新鮮でした(笑)。


今回のテーマは音楽。クラシックはどうですか?とかロックはどうですか?みたいな会話文です。

柴可夫斯基
舒伯特
韓徳尓
貝多芬

さてこれは何でしょう?
答えはクラシックの作曲家、チャイコフスキー、シューベルト、ヘンデル、ベートーベンです。
何だか「えええええーっっ?!」みたいな感じです。ベートーベンは結構うまく音を当てているなと思いましたが、チャイコフスキー(Chai(2)ke(3)fu(1)si(1)ji(1))は本当にこれなのか?!と思います(まあ、私たちが普段聞いている名前は日本語風なので、元の言語で聞くと違うのかもしれません^^;)

今回のつまづいたのは「如果(要是)~的話~」と「一~就~」の使い分け。日本文に「ちょっと聴くと頭が痛くなる」という文章があったのですが、私はこれを「聞けば頭が痛くなる」と解釈し混同してしまいました。
「如果(要是)~的話~」は「もし~ならば~だ」という仮定の話ですが、「一~就~」はそうではありません。「~すると(すぐ)~する」という意味です。ところが日本語は仮定の意味でなくても「~すれば~する」と少し似た表現で書けてしまいます。
もうちょっとゆっくり文章を読んで考えればフツーに分かることなのですが、毎回あせって予習をやっているものですから、こうなってしまうんですねぇ(^^;;;)

今回のテーマは面白かったです。興味のある分野なんで、他のことより頭に入りやすいかも。しかし白鳥の湖、めっちゃ発音しづらい~!(^^;)

次回は今回の続き(まだ少し残ってる)と「ダンス」。ワルツだのブルースだのルンバが出てくるみたいです(笑)
2007.11.16 / Top↑
私には計画性というものが無いのか、いつも事の直前になってあたふたしています。旅行の時もたいてい前日に「ああ!あれが無いぃ!」とか「カバンに入らへん!」などと騒いでいます。

中国語のレッスンは毎週木曜日にあるのですが、これまた前日に「ぎゃー!宿題が出来てないぃー!」てなことになっとります。

昨日も作文の清書が出来ていなくて、10時頃から始めて終わったのは12時前。(一度バラバラの文を下書きします。じゃないと発想が広がらないし、間違いだらけ。いきなり普通に書いたらすごいことになってしまいます。ま~、清書しても間違いだらけなんですが冷や汗
それからお風呂に入って寝たので今日はかなり睡眠不足です。

今日する予定の課の予習の清書も、始業前と昼休みに書いて、さっきようやく終わったところです。

・・・何でこんなに計画性がないのか。
毎日コツコツやってりゃこんなことにならないのに(汗)


なので今日はダルいです。
しかし仕事はてんこ盛り。
栄養液でも飲んで頑張るか・・・。
2007.11.15 / Top↑
私のお腹・・・じゃなくてハードディスクレコーダーのことです。

買った時は「100時間も録画できるなんて。絶対いっぱいにならへんなぁ」などと言っていたのに。
今やいっつもパンパン。70~80時間、時には80時間を超えてしまって「ヤバい!このままじゃフリーズしてしまう!」と焦ってたりします。

見る時間が無いくせにテレビのレギュラー番組とか録画するのが悪いんですが、「暇になったら見よう♪」と言って録ってしまいます。
それとWOWOW。せっかく契約してるんだから、見ていない映画を録画しちゃえ!とばかりに予約してしまいます。

地上デジタル波に切り替わる時にもう1台買う予定なので、その時はもっと録画時間数が長いのにしよう~♪
(をいをい!ちっとも原因の解決になっとらんがな~!)
2007.11.13 / Top↑
ようやくイベントも終わり、通常のレッスンに戻りました。イベントも去年より得たものが多いように思えました。

レッスンは半音階の曲の後、G調のスケール、スラー付オクターブ移動の練習曲。やっぱりスラーを付けてオクターブ上がるのは難しいです。特に吹き始めた時はアンブシュアの微妙な変化を忘れているので、吹いているうちにだんだん思い出してくる感じです。そのうえオクターブ違いで指使いが異なる音だったりするとさらに大変。アタマが「ぎゃ~!わ~!」になっている間に練習曲が終ってます(^^;)

曲練習はアルフィー。アルフィーと聞くと某グループを思い出しますが、違います(綴りも違います)。どこかで聴いたことが有るような無いような感じの曲ですね。確か映画の曲だったかな?
テンポはゆっくり目なのですが、初見なので休止符を落としまくり。ゆっくり目だから楽勝、という風にはいきません。思ったよりテンポが掴みにくく、三連符が速くなったり、入るタイミングを逃したり。

寝不足でボケてるのか、途中でブリチアルディ・キーを外す箇所で外し忘れてヘンな音になったり、はたまた逆のことをやらかしたり。
さらにはシとレを見間違えること数回。あわわわわ(汗)

アルフィーは次回で終了(大丈夫なのか?!^^;)、次はビゼーの「セレナーデ」の予定です。


(オマケ)やっぱりボケてました。帰りに電車を乗り間違え、数個先の駅まで行ってしまいました(汗)
2007.11.13 / Top↑
ようやくイベントも終わり、通常のレッスンに戻りました。イベントも去年より得たものが多いように思えました。

レッスンは半音階の曲の後、G調のスケール、スラー付オクターブ移動の練習曲。やっぱりスラーを付けてオクターブ上がるのは難しいです。特に吹き始めた時はアンブシュアの微妙な変化を忘れているので、吹いているうちにだんだん思い出してくる感じです。そのうえオクターブ違いで指使いが異なる音だったりするとさらに大変。アタマが「ぎゃ~!わ~!」になっている間に練習曲が終ってます(^^;)

曲練習はアルフィー。アルフィーと聞くと某グループを思い出しますが、違います(綴りも違います)。どこかで聴いたことが有るような無いような感じの曲ですね。確か映画の曲だったかな?
テンポはゆっくり目なのですが、初見なので休止符を落としまくり。ゆっくり目だから楽勝、という風にはいきません。思ったよりテンポが掴みにくく、三連符が速くなったり、入るタイミングを逃したり。

寝不足でボケてるのか、途中でブリチアルディ・キーを外す箇所で外し忘れてヘンな音になったり、はたまた逆のことをやらかしたり。
さらにはシとレを見間違えること数回。あわわわわ(汗)

アルフィーは次回で終了(大丈夫なのか?!^^;)、次はビゼーの「セレナーデ」の予定です。


(オマケ)やっぱりボケてました。帰りに電車を乗り間違え、数個先の駅まで行ってしまいました(汗)
2007.11.12 / Top↑
フリーペーパーにこんなん載ってました。


********************************


世界 旅の情報ステーションセミナー
「中国の看板が面白い」

◆日時 12月11日(火)18時15分~
◆場所 OCAT 4階 大阪市立難波市民学習センター
◆定員 40名(応募者多数の場合は抽選)
◆講師 中国国際航空
◆申し込み
往復ハガキ(1枚につき1名)に住所・氏名・年齢・電話番号(FAX番号)を記入のうえ、〒556-0017大阪市浪速区湊町1-4-1 OCATビル4F 世界 旅の情報ステーションセミナー「中国の看板が面白い」係まで郵送かFAX、インターネット、又は直接持参。
◆締切 12月4日(火)消印有効
◆問い合わせ TEL06-6635-3013 FAX06-6635-3029
◆ホームページ
http://www.ocat.jp/tabi/


********************************


行きたいけど、時間に間に合わない・・・orz
なんでこんな時間からなんだ泣き顔
2007.11.12 / Top↑
今日は予定いっぱいです。
まずはフルートのイベント「アンサンブル・クッキング」。
事前に渡された楽譜で練習しておいて、当日集まって全体練習、録音をするのですが、これが案外楽しいのです。
発表会と違うのにどこが面白いの?と言われそうですが、指導役の先生のアドバイスによってたちまち変わっていく音や、パートが揃った時の迫力、音の美
しさを体験するとやみつきになります。音楽を皆で作っていく楽しさを身をもって知る事ができるのです。
課題曲は「ファランドール」「テキーラ」。「ファランドール」は音はともかく指は意外と回り、思ったより良かったです。
「テキーラ」は最終的な仕上げのスピードを聞いていなかったので、ちょっと愕然。速すぎるー!隣りの上級の人も同じことを言っていたので、皆さん同じ感想なのかなー(^_^;)
なにはともあれ、今年のフルート関連のイベントは終了です。明日からのレッスンも通常に戻ります。

この後は飲茶のお店で昼食を摂ってから(目的のイタリアンのお店が無くなってて^^;、適当に入ったが美味しかったです)、お店で行われる合奏練習へ。
12月に施設でボランティア演奏があるので、それに笛で参加の予定です。
実はまだ決まっていない項目があるので、手探り状態なのです。
発表会だと生徒主体ではありますが、先生の助言をかなり受けられます。こういうボランティア演奏だと自分たちで決めなくてはいけないことがたくさんあるので、自主的にやるということの大変さを実感しつつあります。
ああ、でもまだまだ「これどうなん?」みたいな部分があるので、本番はどうなることやら。神のみぞ知るか?!


合奏練習の後は少し休憩して笛子レッスン。
本日の出だしは「列車奔向北京」。むう、これから開始か・・・(汗)
実は家で練習はしたものの、つまずきまくって放り出していたのでした。筒音1難しいぃ!
なのでレッスンでの「列車奔向北京」もメチャクチャでした。繰り返して吹いている間に「お?行けそう?」と思うと、いきなり頭の中を筒音5と筒音2の運指がよぎってエライことになってます(二胡だと、調が変わっても運指はあまりゴチャゴチャにならなかったんだけどなぁ^^;)。
頭の体操どころか、体操するためのストレッチにも辿り着いていない感じです。これも先が長そうです。

その後は「牧笛」(一部)。まず3の前に「35」の修飾音を入れる練習をしました。これは指を滑らしながら修飾音をつけるのですが
「指が上がってるから音が切れてるよ」
そうなんです! 滑らすのって師匠の手元を見ていると簡単そうに思えますが、実はそんなに簡単に指は滑らないんです!
自分では手が上がらないようにしようと思ってはいるのですが、ちーーっともうまくいきません。
その後は6の前に「61(高)」の修飾音を付ける練習。「35」であたふたしているのにそんなん出来へん!と思ったりもしますが、まあとりあえず練習です(^^;)
ちなみにこの「61(高)」等の修飾音を付けるために、この曲では1の音は運指は半穴開けでやります。で、またこれが音程が安定しなくて大変困りものです。
この曲はちょっと野望がない訳ではなかったのですが、ま、今回はお流れということで(謎)。
でもいつか、きちんと全部吹けるようになりたいものです。

「行街」は今回は時間切れで次回へ持ち越し。この曲は年内でいったん終了にしたいとの希望を師匠から聞きましたが、果たして終わるんか~~???



帰宅して晩ご飯食べてから爆睡モード突入。
・・・そんな時間に寝るなら、用事済ませてさっさと普通の時間に寝ろよ>ぢぶん(^^;)
2007.11.11 / Top↑
日記じゃないんですが、日記に書いた方が目立つので。すみませぬ。

「ようこそ!
 中国 棚田と生きる!ハニ族の里山へ
 旅人:安田美沙子」
http://www.ururun.com/

だそうです。
中国少数民族の音楽紀行のレクチャーに行ったばかりなので、とても興味津々です。
2007.11.10 / Top↑
お出かけと言うと趣味の関係でコンサート等が多いのですが、今日は少しばかりお勉強。
リーガロイヤルホテル大阪の文化教室、エコールドロイヤルの講座「中国少数民族・音楽紀行」へ行ってきました。
マイミクのAさんとランチ♪してからリーガロイヤルへ。リーガロイヤルへ行くのは久しぶりだったので少しばかり不安だったのですが、送迎バスの停留所にも無事たどり着きホテルに到着。
しかし、中に入ると「エコールドロイヤルはどこっ?!」状態でウロウロ。結局フロントの方に案内していただきました(分りにくいんだよぅ^^;)。

1時間半ある講座なので、お腹いっぱいで眠くなったりしたらどうしようと心配したのですが、講師の先生の話術に引き込まれてまったく眠くならず、お話に集中できました。
ラッキーなことに、少し前に笛子師匠から借りたビデオで、中国少数民族の音楽紀行番組を見ていたのです。そのお陰で理解もしやすく、大変勉強になりました。

また講義だけでなく実際の演奏もあり、中阮があんなに迫力があり、独奏ができる楽器だと初めて知りました。

しかし、「●●舞曲」等と名前がついているさまざまな曲達が、実際はその民族の曲ではないというのには驚きました。
「漢民族が想像する●●民族風音楽」ということなんですかねぇ(^^;)

中国茶とお茶も美味しく、楽しい1時間半(実際は2時間弱。笑)でした。

今回は雲南省、新彊ウイグル自治区、貴州省の紹介でした。他にもまだまだたくさんの少数民族がいるので(全部で56民族)、来年あたりにまた続きがあるといいなぁ♪
2007.11.10 / Top↑
さ~て、最近調子に乗ってるので久々に書いてみよう(笑)
無駄に長いので、興味のない人はすっ飛ばして下さい。

******************************

レッスン日記はさぼりまくりだったのですが、レッスン自体はやめていません。
つーか、最近24回分お金を払ったので、辞める訳にはいかんのです!(^^;)

先週は残業で行けなかったのですが、今週もヤバかった・・・。今日ぶっちぎったぶん明日は残業かなぁ。

今やっているのは中級向け本(らしい)。会話文のうち問いは漢語で書いてありますが(日本語訳あり)、答えは日本語のみで書いてます。
それを漢語に訳したりするのですが、
●日本語をきっちり読んで、もれなく訳す
●もちろん漢語として破綻していない文を作る
●毎週、その課のお題に沿って作文を書く
てなことが条件&宿題となってます。

が、今週やる部分って先週以前に書いた文(先週休んだから)。自分の書いた文章を見て「何でこんなこと書いてるんだ?!(冷や汗)」みたい箇所がてんこ盛りでした。ああ、本当にワシ、何考えてたのか・・・。

今使っている本は割と簡単(老師曰く)なのですが、所々「絶妙」に「こんな文どやって訳するんじゃぁぁぁ!」みたいなのが混じってます。
老師が言うには「このちょっと混ざってるのがいいんですよ~」なんだとか。

・・・ああ、いかん、今日の内容を書かないと。

宿題の作文は「運転免許について」(前回の課のお題)。ものすごく苦労して免許取ったのに、今は宝の持ち腐れだと書きたかったのですが、会社で清書してて時間切れ。尻切れとんぼ、〆の文が無い状態で提出してしまいました。

今日のテーマは「映画」でした。
「スパイ映画は緊迫していて神秘的で」というくだりがあったのですが(しかしスパイ映画で神秘的はないだろう^^;)、この神秘的がひっかかりました。
日本語だと神秘的の一言でいろいろ使い回せますが、漢語だとこれではダメで、形容詞の「神秘」か名詞の「神秘感」じゃないとダメだと。
「間諜片又緊張又神秘(有神秘感)」になるようです。なるほどなぁ。

あと日本語と違うな~がもう一つ。
「あの映画は脚本がよく書けており、監督の技巧や俳優の演技もみな優れていたので、私は2度見ました」
私が書いたのは以下の文章。
「那部電影的劇本写得很好,因為導演的手法和演員的演技都很出色,所以我看了両遍」
老師「あら、でもこの「~ので」は「脚本が良い」と「監督の技巧と俳優の演技がみな優れていた」の両方にかかってくるんですよ」
はうあっ!! しまった!!
この文はちゃんと書けたと思ったのにぃ~!!!
・・・やっぱり甘かった。そうは問屋が卸さないのだなぁ。
正しくは「因為那部電影的劇本写得很好,導演的手法和演員的演技都很出色,所以我看了両遍」です。
日本文を見て、そのままの位置に「因為」を入れちゃったのが失敗でした。難しい。

映画だといろいろな用語が出てきますが、アダルト映画は「成人電影」。わはは、そのままだ~。

宿題はこの「映画」に関しての作文。
さ~て何書こうか?
やっぱり中国映画についてだよねぇ♪
2007.11.08 / Top↑
レッスン日記はさぼりまくりだったのですが、レッスン自体はやめていません。
つーか、最近24回分お金を払ったので、辞める訳にはいかんのです!(^^;)

先週は残業で行けなかったのですが、今週もヤバかった・・・。今日ぶっちぎったぶん明日は残業かなぁ。

今やっているのは中級向け本(らしい)。会話文のうち問いは漢語で書いてありますが(日本語訳あり)、答えは日本語のみで書いてます。
それを漢語に訳したりするのですが、
●日本語をきっちり読んで、もれなく訳す
●もちろん漢語として破綻していない文を作る
●毎週、その課のお題に沿って作文を書く
てなことが条件&宿題となってます。

が、今週やる部分って先週以前に書いた文(先週休んだから)。自分の書いた文章を見て「何でこんなこと書いてるんだ?!(冷や汗)」みたい箇所がてんこ盛りでした。ああ、本当にワシ、何考えてたのか・・・。

今使っている本は割と簡単(老師曰く)なのですが、所々「絶妙」に「こんな文どやって訳するんじゃぁぁぁ!」みたいなのが混じってます。
老師が言うには「このちょっと混ざってるのがいいんですよ~」なんだとか。

・・・ああ、いかん、今日の内容を書かないと。

宿題の作文は「運転免許について」(前回の課のお題)。ものすごく苦労して免許取ったのに、今は宝の持ち腐れだと書きたかったのですが、会社で清書してて時間切れ。尻切れとんぼ、〆の文が無い状態で提出してしまいました。

今日のテーマは「映画」でした。
「スパイ映画は緊迫していて神秘的で」というくだりがあったのですが(しかしスパイ映画で神秘的はないだろう^^;)、この神秘的がひっかかりました。
日本語だと神秘的の一言でいろいろ使い回せますが、漢語だとこれではダメで、形容詞の「神秘」か名詞の「神秘感」じゃないとダメだと。
「間諜片又緊張又神秘(有神秘感)」になるようです。なるほどなぁ。

あと日本語と違うな~がもう一つ。
「あの映画は脚本がよく書けており、監督の技巧や俳優の演技もみな優れていたので、私は2度見ました」
私が書いたのは以下の文章。
「那部電影的劇本写得很好,因為導演的手法和演員的演技都很出色,所以我看了両遍」
老師「あら、でもこの「~ので」は「脚本が良い」と「監督の技巧と俳優の演技がみな優れていた」の両方にかかってくるんですよ」
はうあっ!! しまった!!
この文はちゃんと書けたと思ったのにぃ~!!!
・・・やっぱり甘かった。そうは問屋が卸さないのだなぁ。
正しくは「因為那部電影的劇本写得很好,導演的手法和演員的演技都很出色,所以我看了両遍」です。
日本文を見て、そのままの位置に「因為」を入れちゃったのが失敗でした。難しい。

映画だといろいろな用語が出てきますが、アダルト映画は「成人電影」。わはは、そのままだ~。

宿題はこの「映画」に関しての作文。
さ~て何書こうか?
やっぱり中国映画についてだよねぇ♪
2007.11.08 / Top↑
ちょっと前の中国語のレッスン時、おしゃべりしてて私がふと「そういや、NOVAってどうなんですか?」(←まったく他意はない)と尋ねると
老師「・・・NOVA、ダメねぇ」(ニッコリ)

ということがありました。
その時は「学習の質とか、会社の姿勢が悪いんだろうか?」などと思っていたのですが、


よく考えたら違うやん!!!


老師は私が習っている教室以外に、NOVAにも教えに行ってらっしゃるんですが、これってたぶん今話題になっている「給与未払い、その他モロモロ」に関することですね。

私の周りの友人・知人にNOVAの被害者はいないなぁと思っていたのですが、よく考えたら恩師がそうじゃないか~~!!!

うちの先生の場合、生活が一気に困窮するとかはないはずですが、やっぱり被害は被害だよなぁ。

どうしてこんなことになってしまうんでしょうね。
あの社長だって、最初は希望と使命に燃えてただろうに。
あ~~、やるせない。
2007.11.07 / Top↑
日・韓・中・台が漢字の字体統一を決定、主体は繁体字に―北京市
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=333017&media_id=31

まあ、確かに漢字がバラバラで、簡体字で覚えちゃって繁体字を見ても分からん!というのもあったりするんですが(日本の字はまた別モノだったりするんだよね)。

でも前にもそういう話があって、うまくいかなかったはず。
どうなるんでしょうね?

統一されたら便利とは思うけど、学校で習う漢字がまた変わるのもねぇ・・・。
2007.11.06 / Top↑
もともとリズム感が乏しい方なので、新しい曲に入ると苦労しています。
休止符が多いともう最悪!って感じです。
今やっているフルートのイベント用の曲も休止符が多くて、どないすんねん!状態です(^^;)

とまあ、こんな私ですので、普段合奏練習時等に「これ叩いてくれ~」と言われても極力お断りしています。
つーか、途中で訳ワカメになるので、周りの被害甚大なのです。

でもこの前の合奏練習時に思いました。
「これこれ、この曲には打楽器がずぇったい必要なのよ!」
それは一度発表会で演奏した曲なのですが、打楽器なしでは味が出ないであろうと思われる曲です(というか、本当は打楽器でテンポを刻んでくれたH氏の腕前が絶妙だったのですが^^;)。

先生方にお願いすればいろいろお借りすることも出来ますが、やはりここは安物でいいから何かあった方がいいかもしれない。
ひんぱんに合奏等している友人・知人にも使ってもらえるかもしれんし。

う~ん、何がいいかな~?
あ、鈴も打楽器よね?(違)
チベットの鈴とか欲しいなぁ。
本当はでっかい鉢欲しいけど、あれ打楽器じゃないや。

あれ、路線が・・・?(^^;;;)
2007.11.05 / Top↑
11月前半は芸術月間です(半月なのに月間なのか?!)。
コンサート連チャンでした。

11月3日(土)
能管奏者・野中久美子さんのリサイタル。滋賀県大津市の大津市伝統芸能会館・能楽ホールまで行ってきました。
電車で大津なんて行ったことない、ひゃ~~!と思いましたが、師匠と二人、迷子能力を発揮することも無く、無事に辿り着けました。よかった、よかった。

能管の演奏会なんて初めてなので(笛博のレクチャーも受けられなかったのです)、どんな世界なんだ?!とドキドキしながら聴いてました。
一言で言うと、私たちが普段吹いている笛とはまったく違う世界。「幽玄」。この言葉につきるように思います。
他の笛とは違いメロディーを吹かず(ということらしいです、驚き。そもそも能管はドレミ・・・と吹けない笛らしいです)、倍音成分が多く、メインの音色以外にも息の音が重なって聴こえます。
とても不思議です。私たちが普段知っているどの笛とも違う感じです。
これも楽譜と音が分れば、もっと理解が増すんだろうなぁ。

曲目
●第一部●
平調音取、神楽、ゆらり
●第二部●
風は逍遥と、盤渉音取、Ruby(ルビー)


11月4日(日)
中国民族音楽アンサンブル・天昇楽団の第5回定期公演に行ってきました。
今日は友人が「でびぅ」ということなので、気合い入れて聴きに行きました(私が気合い入れてどーすんだ!^^;)
相変わらずたいへん濃密な音楽で、楽しい時間を過ごさせて頂きました。
今年はゲストに琵琶奏者の葉衛陽さんが出演されていて、生で大好きな「十面埋伏」が聴けました。おお、しゃーわせだ♪

曲目
●第一部●
走進新時代、桃李報春、カダ梅林、火把節之夜、月芽五更、林中夜会
●第二部●
十面埋伏、さくら、辺彊舞曲、蘇堤漫歩、鄭成功

講演終了後は、すぐ近くのサロン・ド・●●●になだれ込み・・・もとい、おじゃまして、諸先輩方と交流を深めてました。
ええ、すっごく為になりました(謎)
2007.11.04 / Top↑
仕事してます。
今週はずっと、ものすご~く、ややこしい伝票を作ってます。
作れども作れども終わりません。

でも明日は飲み会。
明後日は能管の演奏会。
明々後日は中国民楽楽器の楽団の定期公演。


目の前に餌がいっぱいあるので、頑張ります♪
2007.11.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。