上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2月後半~3月前半は演奏本番や法事やらあってかなり気が張ってました。そのせいか、終わってからは抜け殻。超フニャフニャでした。

しかーし、今日は発表会の曲が決まったのです。
ある意味コテコテ。でも前回までとはちょっと違うかも。
何せ「たぶん今が旬、来年だとちょっと色褪せてるかも」な曲なので、今頑張らないでどうするよ!って感じです。

いい加減、アタマ起こして、意識覚醒させて頑張ろう。
あ、でもフルートも7月に発表会なので「どうなるねん!」みたいな感じなんですがね(笑)
スポンサーサイト
2010.03.28 / Top↑
先週末は金曜日の夜に演奏に行き、翌日は3時間弱ほど寝てから法事に出発~!(朝6時出発だった・・・泣き顔
風邪もピークでヘロヘロでしたが、ようやく鼻詰まりがマシになってきました。

う~ん、でも花粉症だったらこれがずっと続くんだよなぁ。やっぱ花粉症にはなりたくない・・・。

今日の昼休みは銀行に用事があったので全部つぶれてしまいました。うう、しんどいあせあせ(飛び散る汗) でも懸念事項が片付いたのでよしとしましょう。



そうそう、奈良県立美術館でエッシャー展が開催されます。
http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-17506.htm

展覧会はかなり前にハウステンボスで見たきりですなぁ。エッシャー、もともと好きなのでかぶりついて見ていた記憶があります(あと有田焼の館でもかぶりつきで見てたら、スタッフのお姉さんに「お若いのに珍しいですね」(注:本当に若かった頃です)と言われた。若くて陶磁器好きってそんなに珍しいものか???)。

あまりにエッシャーが好きでジグソーパズルも1000ピースのを仕上げて飾ってましたなぁ。今はバラバラになってしまったので処分しましたが、今年のゴールデンウィークあたりにまたチャレンジしようかな。
2010.03.17 / Top↑
カゼなのか?(いやいやカゼのはずだ。昨日は喉が痛かった)鼻水タラタラになってます。

周りからは「とうとうデビューやな!」と言われまくっていますが、デビューしたら後戻りが効かないからデビューしたくないんだってばexclamation ×2

とりあえず「しっとりやわらか贅沢保湿」などとキャッチコピーがついたティッシュを買ってきました(本当は「はなセレブ」が欲しかったんだけどコンビニには無かった)。
明日~明後日は法事で出かけるので、これ抱えて行ってこようあせあせ


今日は早く家に帰りたいのですが、終業後、アンサンブルの演奏があります。
吹いてるフリしよっかなぁ・・・。
2010.03.12 / Top↑
とりあえず生存のお知らせということで日記(笑)。
毎日、日記が書ける人を尊敬しますわ~。
私には無理だあせあせ

「ジェネラル・ルージュ」は読了。次は河上朔さんの「wonder wonderful」を書籍版で読み直してから「陽炎の辻」の1巻が積読の山にあるのでそれを読む予定です。

それと1~2月に見た映画の感想をば。
「サロゲート」と「カールじいさんの空飛ぶ家」は香港への行き帰りに見ました。


「サロゲート」
髪のある少し若いブルース・ウィリスがちょっと、いやかなり受けました(本体はモチロン今の姿です。笑)
腕がもげても追跡する姿はターミネーターかっ!?と思いました。痛みを感じないとああなるんですねぇ。
遠隔操作のボディなのですが、同じような時期に公開の「アバター」の方がインパクトは大ですね。少し小粒な作品というイメージです。

でも遠隔操作の身体という発想、日本のアニメの方がだいぶ早かったように思います(「攻●機動隊」とか)。


「カールじいさんの空飛ぶ家」
奥さんに対する愛の深さには本当に涙がこぼれる・・・!
カールじいさんの想いが切ないです。

しかし、悪党に救いはまったくないなぁ。彼も「嘘つき」呼ばわりされた結果ああなったはずなんだけど(あの落ちてくシーンは子供に見せてもOKなのか!?)。


「地球が静止する日」
リメイクする必要があったのだろうか・・・?
これといって感想が・・・あせあせ(飛び散る汗)
もう少し心理面の描写とか欲しい。交流があってこそあのラストなので、お涙頂戴になってはダメだけど、少しそのあたりが薄い気がします。


「アイ・アム・レジェンド」
ウイルスに感染した人が怖いです!
噛み付かれたくないなぁ。
ラスト、はっきりした救いはあるのか?そのへんもうちょっと描写が欲しい気が。


「天使と悪魔」
まったく期待しないで見たからか?前作よりかなり面白かったです。
前作に比べて思想的云々がないので(犯人はそれを装ってるけど)、サスペンスに徹してて面白かったです。
しかしあの人、絶対悪人だと思ったのに・・・(笑)

一応、今後の野望は「原作本持ってローマ観光!」


「アンダーワールド・エボリューション」
前作から少し時間が経過してるのかと思いきや、前作の直後からスタート。これを見るまでに少し時間が空いたのでちょっと設定を忘れてて、思い出すのに時間がかかりました。
結局、抗争その他は片付いてないよなぁ・・・。
しかし、やっぱりケイト・ベッキンセイルは美人だった(笑)
2010.03.11 / Top↑
時々激烈にやって来るマイブーム、この前までは映画だったのですが今は活字です。
純文学でもラノベでも何でもいいから読みた~い!という欲求がやってきています。
自分でもおかしいのか?と思うぐらい「ギブミー文字!」てな状況。

今は会社の行き帰り(といっても朝は座ると寝てますが)には「ジェネラル・ルージュの凱旋」を読んでいます。
この本、購入したのはいいけれど何故かエンジンがかからず、ほったらかしにしていたのでした。

が、読むと面白いexclamation ×2
バチスタより面白いんでないの、コレ!

別に殺人事件が起こるわけでもないのですが(とゆーか、大学病院でそんなに頻繁に殺人事件が起こってたら患者が来ないよ・・・)、エシックス・コミティのもって回ったくどい言い方とそれに対応する田口・速水のやり取りなんかが最高です。
元々、勢力争いによる駆け引き等が描かれたもの好きなので(実は腹黒???)かなりウハウハ気分で読んでおります。

でもこれももうすぐ終わりなので、次は何読むかなぁ。
積読は山ほどあるのだけれど、どれに対してエンジンがかかるかは神のみぞ知る、です(笑)
2010.03.10 / Top↑
2月のはじめに香港に行った訳ですが、その時に痛感したのは「英語が出来たら楽だよな~!」ということ(今頃何言ってんだかあせあせ(飛び散る汗))。

香港は広東語圏。現地の人がしゃべってるのを聞いてもさっぱりです。たまに聞こえる北京語は観光客だったりするし。
空港などは基本的にすべて英語。欧米からのお客さんも多いもんなぁ。

どうしてそう思ったのかというと、空港のカフェで注文したサンドイッチのサイズに仰天し(まるでアメリカのハンバーガーの様だった)、英語ができたらどんな感じなのか尋ねることが出来たのになぁ・・・と。

せめて片言でも出来たらと思い、どれぐらい英語を覚えているか思い出してみると・・・

壊滅的げっそり

学生時代、英語の成績は他に比べてかなり悪かったのですが、それでも今よりははるかにマシでしょうなぁ。

誰かipodみたいなサイズで完璧な自動翻訳機作ってくれないものか。
もしそんなのが出来たら私は即買いです。間違いなく。
2010.03.03 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。