上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
すんばらしい鼻水はだいぶ解消されましたが、時々咳が出て困ります。
四六時中咳をしている訳ではないのでマシといえばマシですが、どういうタイミングで出てるのかがよく分かりません。
しかも数分間続いたりするので、体力が削がれるあせあせ(飛び散る汗)

こんな状態ですが、明日から沖縄に行ってきます。

この前からピアノ買ったり、旅行行ったり良いご身分あせあせ(飛び散る汗)

・・・ではなくて、旅行用に貯めてた資金がスッカラカンげっそり
叔母に「一緒にヨーロッパに行こう!」と言った手前、またお金を貯めねばイカンなぁがく~(落胆した顔)
スポンサーサイト
2011.03.31 / Top↑
先週金曜日はゾンビのようになって帰宅し(よく定時まで会社に居たもんだ)、土曜日は出勤日だったのですが沈没。一日中寝てました。

で、日曜は笛子レッスンに行ったのですが―

あきません、あきません。

楽器は体力ですexclamation ×2(キッパリexclamation ×2

もう何と言いますか、家で練習してみても
笛子  → 窒息
ピアノ → 鍵盤に鼻水垂れそう(ギャー!)
てな状態でして。

アタマも廻らんし、指も廻らん。
もうどうしようもありませんな。

レッスン後は書店にバイエルを見に行ってみたのですが、
・・・相変わらず面白くない教本だなぁ(笑)
どのあたりまでやっていたかもさっぱり覚えてないぐらいなのですが(というか記憶からデリートしてるのか?)、やれば少しは有用かねぇ~???
うん、でもぜんぜん指が動く気がしないけどあせあせ
2011.03.28 / Top↑
連休明けから喉が痛くて治らず、今日は鼻がズルズルです。
来週末は沖縄に行くのになぁ。鼻ズル剥けで沖縄の紫外線は受けたくないんですがあせあせ(飛び散る汗)
(沖縄行きはキャンセルすべきか迷いましたが、「お母さんお疲れ様ツアーあせあせ」なので、決行することにしました)

しかし、いつも季節の変わり目には風邪気味or風邪っぴきのような気が。
去年も3月の演奏時に風邪引きでズルズルだったし。
温度が上がったり下がったり、差が激しいからでしょうか。

皆様もお気をつけくださいませ。
2011.03.24 / Top↑
30ウン年ぶりに再開(というか、一からやり直し)することになったピアノ。とりあえずヘ音表記を読めるようにしようということで、ギロックの教本を使うことになりました。

ギロック、なかなか良い教材だと思いますが、定番のバイエルやらなくていいんだろうか?
まあ、バイエルしかやってなくてヘ音表記が読めない訳ですから、バイエルにこだわらなくても良いのかもしれませんが。

先生は「昔のバイエルがまだあったらそれでも良いですよ」と言ってくださいましたが、30ウン年前のバイエル(それも3分冊の時代だexclamation ×2)なんて残ってませんって。

うーん、でもバイエル。
まったく面白くない教本ですが(つまらないので子供の頃に練習しなくて怒られたなぁあせあせ)、テクニック練習としては良い様な気がするし。


どれが良いですかねぇ。
2011.03.23 / Top↑
ほんの少し、ささやかな額ですが日赤に募金させていただきました。
私達西日本の人間は地震の影響もなく、報道される事実に何か出来ないのかと歯がゆく思うばかりですが、いつもでも動けるように準備するのも大事ですね。
普段どおりの生活をキチンと送って、手助けが出来る状況になれば動きたいと思います。
それに現在、無事な人間に日本の経済がかかってるのですよねexclamation ×2



こういう状況でこういうことを書くのもどうかなぁと思ったのですが・・・

昨日、ピアノの体験レッスンを受けてきました。
やはり楽しい!と思いました。音楽はいいものですね。

子供の頃にバイエルしかやっておらずヘ音表記が読めないのですが、ヘ音表記の理屈などを教えていただいて「そうか!こういうものだったんだ!」と目からウロコでした。
指の形などもちゃんと理由があるのだと教えていただき(子供の頃は理論や理屈などは習いません)、物事にはちゃんと理由があるのだなぁと思いました。
先生は大人と子供では違うアプローチが必要なのだと仰ってました。
(とゆーか、子供に理論言ったって分かりません。・・・自分を振り返るってみるとつくづくそう思う冷や汗

ところで私のマイミクさんたちは「なぜ今になってピアノ!?」と思ってらっしゃるかもしれません。
実は去年春からの父の闘病・介護等でいろいろ考えることが多々ありました。
その結果、こういう結論に至りました。
後になって「やっぱり習えば良かった」と思うのはイヤなのです。
刹那的とかそういう主義に鞍替えしたとかいう訳ではありませんが、時間を大事にしていきたいです。
2011.03.16 / Top↑
福島第一原発の状態が逐一報道されていますが、原発とは本当に諸刃の剣なのですね。
たくさんのエネルギーを出せるが、リスクが大きい・・・ってか、高すぎ!
こういう技術を持ってしまった人類は果たして幸せなんでしょうかね・・・。


でもテレビで原発の仕組みを見ていると、本当に圧力容器なんだなーとも実感しました(要するに燃料が石油か核エネルギーかの違い)。

うちの父親は圧力容器が専門だったので、以前から原発の冷却水漏れ等の問題に対し
「あり得へん。きちんと点検してたらそもそも腐蝕とかはあらへん。というかそういうことやったらアカンのや。点検がいい加減やと大事故になる」
とよく言ってました。

で、今回の報道を聞いてるとバルブの腐蝕とかも聞こえてきて・・・


アカンやんかーーーexclamation ×2げっそり


ちゃんと点検してたのか!?という疑惑がぬぐえないワタシです。
2011.03.14 / Top↑
神戸の光景を見た時に、もうこんな光景を見ることはないと思っていたのに。

被災された皆さんが、早く生活を取り戻せますように。

私も何か出来ないか、考えたいと思います。
2011.03.12 / Top↑
って、たまにかよ! おい!
・・・というツッコミは無しの方向で(笑)

2月は部署の引っ越しやら仕事やらで「一体何やってたんだ!?」な感じでしたが、さすがに練習に気合入れねば。もう3月なんだから。

「棗園春色」やってますが、いまだに掴めてません。最初に音ありきな人間なので、譜面だけだとどうにもなりませんなあせあせ(飛び散る汗)

棗に疲れると(をい)、花舌(フラッタータンギング)やビブラートの練習をしてますが、なぁんかこれも掴めそうで掴めない。

花舌はアンブシュアを笛を吹く形に出来ないので、普通の口の中で舌を動かす練習をしていますが、この前お風呂でやっていたら

「あれexclamation & question いつもより長く続いてる」

てなことがありました。
どうやらお風呂に入ってリラックスしていたせいで口の中の余計な力が抜け、口腔が「丸く」なっていたからのようです。
(「丸い」ってのはフルートや笛を吹く時に口腔を丸くするつもりで吹くことです。余計な力が入ってるとダメ)。
何だか少しだけ目からウロコでしたが、もっと更なるウロコが剥がれてほしいなぁ。

ビブラートももう少しで何か掴めそう!みたいな時がたま~~にあるのですが、それ以上は進展せず。

難しいなぁあせあせ
2011.03.07 / Top↑
今日はマイミクMちゃんにつきあってもらって電子ピアノを見に行ってきました。
もちろん最終的に決めるのは自分なのですが、自分じゃ効果的な試弾ができないのですふらふら

国内メーカーをちゃんと比べたいと思い泉南の島村楽器まで足を延ばしましたが、それだけの価値はあったと思います。

音色、タッチ、ヘッドフォンを通した時の音の聞こえ方をチェックし、まず音色とタッチの具合、センサーの反応等でローランドとカシオを除外。
(カシオは鍵盤が降り切っていないのに音が鳴ります)
必然的にヤマハとカワイになるのですが、ここからが難関。
ヤマハはいわゆるどこでも聞けるピアノの音、対するカワイは明るい音です。
結局は自分の好みなのですが、それが非常に難しい。自分の中のピアノ像がはっきりしていて妥協の余地が無ければそれに近いものにすれば良いのですが、私にはそれが無いので。

悩んでその場では結論が出ないので、休憩を兼ねてアウトレットモールの島村楽器に移動。こちらにはカワイの木製鍵盤の旧型が置いてあります。
が、この1つ前の型の電子ピアノ、音が違うあせあせ(飛び散る汗)
現行機はサンプリングし直したそうで音が違うのです(現行機の方が音が柔らかい)。
アウトレットなので値段だけみるとお得なのですが、音を鳴らして違和感があるということは、買っても後悔するだけでは?と除外。

休憩しながら考えていたのですが、どちらかというと音色の違いよりタッチが重要ではないかという結論になり(音色の違いは100%気にならないとは言えませんが、それよりも音の高さ(Hz)が同じ方が一番重要、ってかこれが違うとどうにもならないげっそり)、カワイの木製鍵盤の下位機種に決定しました。

お値段は最初に考えた某社の製品の3倍(!)になってしまいましたが、満足感はあります。
春からはピアノライフです。

今年は趣味をプチ肉食系(笑)で行くつもりです。
人生は限りあります。
だから好きなことをやるのだ~~~ウインク

Mちゃん今日はありがとうでした。
ほどほど肉食で行って下さい。


余談ですが島村楽器でアメリカのPREMBERGERのピアノを触らせてもらいました。
上部の前面部が扉で開くようになっていて、音が前にふわっと響きます。
鍵盤を叩くと音に包まれているような感じがします。
至福です!
誰か買ってくれ!(笑)
2011.03.05 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。