上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
どうやったら吹けるのかちょっと考えてみました。

1.ひたすら根性で練習する
2.実は楽にけるコツがあって、それを発見する(あるのか?!)
3.肺活量アップ
4.体を鍛える
5.諦める(←をい)


1. やっぱりコレかな~とも思うのですが、いかんせん、すでにその根性がナイ。

2. なんか永遠に見つからないような気がする

3. どうやったらアップできるんや?!

4. まあ、確かに体タルタルですが(汗)

5. 一番近道かも・・・


でも、確かにフルートなどの笛類を吹いてる人って見かけ以上に体力ある人が多いんですよね。
以前、うちの会社に居た方の娘さんがフルートを吹いていらっしゃったのですが、華奢なのにかなりな体力有りな方だったようです(なので外見と行動が結びつかない)。

あと何よりもうちの師匠。
4月頃、風邪っぴきでゾンビな私に「私、か弱いけど風邪ひかへんねん」と・・・。
(師匠、それはか弱いとは言いません!)

やっぱり最終的には体力なのか・・・?
スポンサーサイト
2011.05.31 / Top↑
笛子レッスンでやっている「棗園春色」。ものすご~くゆっくりで通してみようとしたら


1曲吹き切る体力がないげっそり


息の無駄遣いしてるわ、力んでるわ、音が汚いわ(かすれてる)、ああもう何と言ったら良いのか?
救いようがないっちゅーのか。

どうにかなるの? コレってな感じです。

やっぱりロングトーンかねぇ・・・。

しかしCやDより楽なはずのG管。
これを吹けないってことはどうにもダメダメってことだろうか(汗)
2011.05.30 / Top↑
あなたにとって邪道な料理とは?

う~ん、でもこの意見って食べずに言ってる感じよね。

「イチゴ大福」なんて私も食べるまでは「何だコレ!」と思ってたけど、実際食べるとイチゴの酸味(ちゃんと酸味があるのを使ってるのが多い)と餡子の甘みがマッチしてなんとも言えない美味しさだし。
(だいたい不味かったら売れないと思う)

納豆も好きな人ならカレーはOKな人が多そうな気がするし(私は関西人だが納豆好き。カレーに納豆もOK)、大阪の「お好み焼き定食」に関してはそれこそ「大きなお世話」。
地域によって食文化も違うんだよexclamation ×2
その土地、土地によって好みも変わるんだよ!
だいたい西日本では天津飯は甘酢じゃない!
記事を書いたヤツももうちょっと考えて書けexclamation ×2

(この手の記事っていつも東京の目線でしか書いてない。日本の人口の半分以上が東京に居るんなら納得もするが、そうじゃないだろーが!)
2011.05.26 / Top↑
今回のポイント
・鍵盤から手を離しすぎない
・スタッカートは指を押すよりも戻すのにウエイトを置く
・Pの音でもしっかり弾く(弱すぎてはダメ)

前回の宿題、3種類のスタッカートはOKが出ました。無い頭を絞って考えた甲斐があったなぁ(笑)
1曲はレッスン中に終了。ダンパーペダルの使った音を耳で聴いて実感するのが目的の曲なので、あまり弾けなくても良いらしいです。
ダンパーペダルは色を混ぜるのに似ていて、混ぜて変な灰色(色をたくさん混ぜすぎると灰色になります)になっちゃダメだとか。

宿題は3曲。そろそろ左手・右手の表記が無くなり、音符の向きだけで判断していくようです。・・・見間違いが多くなりそうな予感冷や汗


レッスン前に「何か弾きたい曲、弾けるようになりたい曲はありますか?」と聞かれたのですが

う~ん、弾きたい曲?

「エリーゼのために」とか、あとはバッハとかかな?

「エリーゼのために」は私が子供の頃、周りの女の子は皆「これが弾けたらピアニスト」と思ってたんですね~。
(もちろん、もっと難しい曲はいっぱいあるのですが、子供はそんなこと知りませんものね)

バッハは少し驚かれたようですが、でも私が子供の頃にショックを受けたバッハの曲って、よくよく考えたらピアノじゃなくてパイプオルガンだわあせあせ(飛び散る汗)


レッスン後は教室にあるカワイのアップライトを少し音出しさせてもらいましたが、このアップライト、古いせいか?鍵盤が軽い。
メインのヤマハのグランドに比べるとすごく軽く感じます。

先生に「電子ピアノはタッチを変えても音は変わりませんね」と話をすると
「理想はアコースティックピアノだけど、個人でいろいろ事情があるので絶対それにして下さいとは言えないですね」ということでした。
確かにピアノが好きな人なら許せる音だけど、嫌いな人ならどうにもならないもんなぁ。

でも生ピアノ。挫折しなかったら(笑)、目指したいと思います。
2011.05.25 / Top↑
中国音楽は南ダイスキーな私ですが、中国楽器の経験年数が同じぐらいの人に「南が好きやねん!」とか「北、なんたって北よ!」とか「新疆のがスキー!」いうような人がどうも少ない。
もちろんJ-POPとかクラシックも悪くないし、中国楽器でそういうジャンルを演奏するのも新たな魅力を付加することになり、良いことだと思います。

が、私としては
「南、一緒にやる人おらへんの~~!?」
な気分なんです。
(Tパパは例外。珍しいのですあせあせ

現在、南にどっぷりな方々は私たちのお師匠様クラス。ベテランなんですねぇ。
恐れ多いというか何と言うか。
眩しい方々なんであります(憧れだー!)。


ホント、同じぐらいで方向性が似てる人って居ないのかなぁ。
(マニアック過ぎ???)
2011.05.24 / Top↑
ちょっと慌しい週末でした。


土曜日は帰省し、7月末の一周忌に向けての準備。
本来は我が家のある大阪でやるべきだと思うのですが、一応、父親が本家の課長・・・じゃなくて家長だったため周りが煩く、田舎でやるしかないという状況です。
で、土曜日はそのために1日中駆けずり回ったという感じです。



日曜日はレッスン。
レッスンの前に図書館、家電量販店、後は西宮の某教室発表会というスケジュールだったためキツキツでした。
しかし家電量販店でゴパンの精算をしてきたので(火曜日に届く予定。さすがにこのスケジュールじゃ持って帰れないあせあせ(飛び散る汗))、週末にはお米パンに挑戦の予定です。こちらは焼いたらまたレポートしますウインク

で、レッスンですが。
もちろんのごとくというか何と言うか・・・仕上がりません。
情けないことこの上なしですが、さらにはレッスン中に腰が痛くなり、かなり立ってるのがツラかったです(情けなさ倍増げっそり)。これを書いている今日(月曜日)はかなりマシですが・・・何やったんだよ、自分。
次はウイグルかチベットの曲でもということでした。何やるのかな~。ワクワクわーい(嬉しい顔)

レッスン後は西宮に移動して友人Mちゃんが出る発表会へ。
間に合わないだろうと思っていたのですが、Mちゃんの演奏に間に合いました。日頃の彼女の努力が伺える良い演奏でした。爪のアカもらおうかしら(笑)
2部の昆曲&南の音楽(絲竹、広東音楽)は超お楽しみでした。やっぱり南の音楽は良いですexclamation ×2
基本、北より南!な人間ですので、このプログラムは至福ですなぁ。ふっふっふ。

発表会終了後は中国楽器の先輩方とお茶タイム。相変わらず濃ゆくてためになる話満載です(Kさんのマシンガントークはいつもながら楽しかったです。最高だ!)

ちょっと(かなり?)疲れた週末でしたがエネルギーをたくさんもらいました。
南の曲、ブラボ~~~!!!
2011.05.23 / Top↑
ピアノの宿題では毎回主題をくみ取り、表現を考えるように言われています。
ごく簡単な練習曲でもそれを求められるのですが、譜面の記号を忠実に、かつ自分で考えて表現していくのは難しいです。
練習時には譜面を見ながら「どういう表現がいいんだろう?」とうんうん頭を悩ませているのですが、


ちょっと待て、待て。
私、笛子でこんなに悩んだことあったっけexclamation & question


中国音楽の場合、伝統的な部分もあり一概に西洋音楽と一緒には出来ない部分がありますが、それでも自分なりに曲に対しての分析が必要なんじゃないのかっっ!?
いつも師匠からは「この曲は水の流れを表現している」とか必要なアドバイスはいただいていますが、それをもっと深く考えなきゃイカンのじゃないのか!?


・・・自分の考えの足りなさにドヨ~~ンですげっそり


もうちょっと深く考える習慣を付けねば。
2011.05.19 / Top↑
ここのところ仕事で精神的に追いやられていたせいか、ストレス解消に買い物に走りそうでコワい。
(今回は労働時間の長さではなく中身が大問題。うちの部署の人間、皆やさぐれてます・・・ふらふら

久しぶりにCD(「image11」)を買ったのでそれで落ち着くかと思いきや、何だか欲しいものがムクムク~と。


ヤバい、ヤバいぞ、この精神状態はあせあせ(飛び散る汗)


耐えるんだ、自分~~exclamation ×2
2011.05.18 / Top↑
この前のピアノのレッスンはグレープフルーツが原因(?)の体調不良のさなかに行ったのですが、その体調のせいなのか?
はたまた前日の残業で脳ミソが疲れていたのか?
(かなり仕事で追い込まれてましたあせあせ
レッスンの最後まで音に対する違和感が拭えず、少しツラかったです。

家の電子ピアノがカワイでレッスンがヤマハだからある程度は仕方ないのですが、教室のグランドピアノがいつもと違い、チェンバロみたいな音exclamation & questionに聴こえてしまいました(まあ、親戚?な楽器だから音の成分は似ているなぁと思いますが)。
雨降りのせいで自律神経系がアホになってるのか、それともピアノも雨に影響されてるのか(湿気か???)。

謎でございます。


しかし自分の弾いてる曲が同じ曲に聞こえないのはかなり困ります。レッスン中は少々パニック気味でした。
2011.05.12 / Top↑
前回出ていたスタッカートと3拍子の曲はOKをいただきましたが、スタッカートの1曲が曲の速さ指定に気がとらわれてしまい、弾きにくいところが雑になっているので、次からは速さにとらわれず、ゆっくり確実に弾きなさいということでした。

前回の宿題3曲、全てスタッカートが出てくるのですが、実は全部「違うスタッカート」らしい・・・(表現したいものが違うため)。
・・・で、出来ん!ふらふら

で、今回の注意点は
・もっと手首を使う
・もっと深く弾き込む(特にfの部分)

先生は弾きが浅いのは自宅が電子ピアノなのが関係あるのかな?と首を傾げておられましたが・・・


確かにそれもあるかもしれませんが、どっちかっていうと「どのぐらいの強さで弾いたらいいんだっ!?」とおどおどしながら弾いてるのが原因じゃないかと。


だって、だって、どれぐらいの強さで弾いたら良いのか分からないんだよぅexclamation ×2
(子供の頃はガシガシ弾いてた記憶はありますが、大人の力での加減が分からんのだ!)

今回のレッスンでもっと弾いて良いんだって分かったので、次回からはfはガシガシ弾きます(笑)。


宿題は3曲。
ポジション移動がたんまり。
♭と♯もあり(忘れそうだあせあせ(飛び散る汗))。

頑張ります。
2011.05.11 / Top↑
とりたてて特別なことはしませんでしたが、マイミクMちゃんの防音室完成記念!ってことで女子会(お●ちゃん会・・・?)を、Mちゃんとこでしてきました。
夜中(というか早朝???)まで喋り倒し、なかなか濃ゆい時間でございました。
Mちゃんありがとよっっ!
このお礼は食べ放題で!(笑)


さてさて、防音室ですが・・・なるほど、部屋の中に部屋を作るってことはこういうことね、と思いました。
部屋の中にさらに部屋ですから狭くなってるし、さらには吸音板がぶら下がってるのでちょいと圧迫感があるかも。

でもこれだけしてもピアノの音は防げないんですね~。隣接したリビングから聴いてると何を弾いてるか分かってしまいます。
ピアノ、恐るべし。
(ピアノの先生から聞いた話ですが、吸音板を入れると頭が痛くなってしまう人などもいるそうです。相性もあるのか?)

お値段が素敵なのであせあせ我が家にも防音室を!という訳にはいきませんが、窓を二重にするのはできそうです。会社の人が窓を二重にして外からの騒音がかなり軽減されたって言ってたしなぁ。

・・・うん、とりあえずお金貯めよう。
(↑そこからかい!)
2011.05.11 / Top↑
連休のことも書かねば!と思うのですが、ちょいと「むむむ?」と思うことがあったので。

やたらと唇が痒いというか、痛いというか。
口紅塗ってないし(口紅はもれなく当たります。ハズレなし泣き顔)、何かやったっけ?と考えていたのですが。


グレープフルーツを食べたんだった・・・。


ええと、確か以前、くし形に切ってかぶりついて食べたらものすごく唇が荒れたので、私が食べるときは全部剥いてから食べてたんですが、それもここしばらくは食べてなかったんですよね。
久しぶりなもので、そのことをすっかり忘れてました。

しかし、今回はおなかの具合もイマイチな感じ。

・・・ひょっとしてアレルギーか???

いや、でもこれ以上、好き嫌いも多いのに食べるものが狭まってたまるかーexclamation ×2と思うんですが。

むむむ・・・。
2011.05.10 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。