上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
整形外科で処方された筋弛緩剤のミオナールという薬の副作用に当たってしまいました。
ほとんど副作用がないということでよく使われている薬だそうですが


・・・なんで当たるんだよ(泣)


私の場合はすぐに出たんじゃなくて、長く使ってる間に徐々に出てきたって感じです。
症状は、吐き気と不眠、手の力を抜くと痺れ&冷え&脱力がまとめてやってきて、手の存在が無くなりそうな気持ち悪~い状態。
キモい! キモ過ぎる!

実は坐骨神経痛で足腰もトラぶってるので、この副作用はダメージ大でした。

で、ミオナールの副作用が抜けた頃、


み、右手がやんわり痺れてる????(泣)


ミオナールの副作用が強烈だったので、いつ頃からこうなってるのか判らんという始末。
しょうがないので頚椎のMRIを撮ってきました。

おおお、ワタシが輪切りになってるよ!!
縦やら横やらたくさん輪切りになってました。

結果は、左の6と7あたりに膨隆が認められる。
ようするにわずかに出てる、ヘルニアの気がある、という程度で。
これじゃあ診断書にはヘルニアとは書けないねぇ、というぐらいだそうです。
ちょっと安心。

え? でも右手は? 右側はきれいだよね?
むむむむむ。


ところで初・輪切りのMRI。検査時はコンタクトの装着が不可なので、どんな装置だったのか、部屋だったのかぼんやりとしか分かりませんでした。残念!

しかし、あの圧迫感!
頭は綿詰めて固定、しかもカバー(?)がかかってるし、唾の飲み込みも制限があるし(大きい音がしている時は飲み込んじゃダメ)、寝てるだけっていっても案外しんどいです。
しかも検査中「動かないってナニ?」みたいな感じになって足が動きそうになりました(汗)

意外と疲れる検査でした(-_-;)
スポンサーサイト
2011.12.22 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。