上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
黄金週間! ですが、うちの会社はカレンダー通りなので、イマイチまとまった休みではありません。
まー、必要とあらば有給取るのでいいんですが(笑)

4月29日は大阪歴史博物館の「日欧のサムライたち」を見に行ってきました。
特別展は1フロアのみなので入場料1000円。手頃です。

入り口正面にチラシに使われている装飾が美しい鎧が展示されているのですが、思った以上に大きいです。
ヨーロッパ人の体格だなぁ。
(もっともこの鎧はオーストリアの博物館収蔵のものなので、ゲルマン系の人の体格ってことですよね。一口にヨーロッパといっても南欧・北欧とかでもかなり体格差あるしなぁ)

日本の鎧兜はかなり小さく、当時の成人男性の平均身長は現代女性と同じぐらいだと思うので、ヨーロッパの鎧と見比べるとかわいらしい感じがしました。

私が一番気になってたのは日本の鎧兜って素材は何で出来てるのか???なのですが

オカン「剣道の防具と一緒じゃないの~?」

・・・防具は樹脂製でしょーが。この時代にプラスチックなんかあるかいな。

でも本当、何で出来てるのか?ぱっと見は木みたいだけど。
ただ金属製の槍の先や鏃を見てると「これ防げるのか!?」と思ってしまいます。
ヨーロッパの槍は日本のよりさらに大きくて、あれで刺されたらと思うと恐怖の極みですね。

こういう展示なので会場には歴●?という人がちらほらいましたが、喋ってる内容が・・・(←聞こえちゃうんですよ^^;)
ううむ、おばちゃんには分からない世界です。
世の中、奥が深いってことですね?(え、違う?^^;)
スポンサーサイト
2012.05.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://everydaybonyari.blog.fc2.com/tb.php/1170-879910cd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。